サンデー系種牡馬が活躍するスピードレースの新潟記念を攻略するには?

Pocket

今週の重賞は新潟記念

このレースを攻略すべく、過去の臨戦過程別成績から
傾向を掴み、攻略の糸口を掴んでいきたいと思います。

主な前走レース別の成績ですが

    単回収 複回収 複勝率 頭数
小倉記念 111% 118% 32.4% 37頭
七夕賞 320% 177% 35.3% 17頭
関屋記念 0% 65% 14.3% 14頭
函館記念 133% 243% 36.4% 11頭

サマー2000シリーズである小倉記念、七夕賞からの
臨戦が多くなっており、成績も良好です。

この2レースを掘り下げていき、好走する馬を探っていきます。

まず、小倉記念ですが

スピードのある馬、溜めての爆発力がある馬が活躍をしています。

前走4角9番手以内という条件で抽出してみると

(単回収126%、複回収156% 複勝率42.3%) 26頭

と、全てにおいて成績が上がっています。

また、スピードに加えて体力・地力を持ち合わせた馬は
当然成績が良くなってきます。

上の条件に460kg以上という条件を加えてみると

(単回収149%、複回収184% 複勝率47.4%) 19頭

と若干ではありますが、成績がアップしていきます。

そして、スピード能力、溜めての爆発力を得意としているのは
サンデーサイレンス系の馬達です。

上記条件に父サンデー系種牡馬という条件を加えると

(単回収185%、複回収240% 複勝率60%) 10頭

複勝率の面からも信頼できる数値になってきます。

ポイントは「溜めての爆発力」ですね。

もう一方の七夕賞経由の馬を見ていきましょう。

こちらは福島で行われるレースですので
今回の舞台である新潟とは真逆の傾向を見せています。

ですので、七夕賞で好走した馬よりも
凡走した馬を狙った方に妙味が出てきます。

前走10着以下という条件で絞っていくと

(単回収1636%、複回収523% 複勝率66.7%) 3頭

穴馬が来ているので回収率はアテになりませんが
3頭該当して2頭来ている点は見逃せません。

これだけでは不十分なので、もう一つ脚質の条件を加えてきます。

前が有利な七夕賞に溜めて差しの利く新潟記念
という特徴があるので、前走4角5番手以下という条件で抽出してみると

(単回収454%、複回収250% 複勝率50%) 12頭

かなり優秀な数字となっています。

ちなみにこの条件に先ほどの前走10着以下を加えると

(単回収2455%、複回収785% 複勝率100%) 2頭

差しタイプの方が好走している事の裏付けが取れます。

また、疲労を残しやすい夏競馬の中で
前走で力を発揮できなかった馬の方が
新潟記念でのパフォーマンスは上がります。

前走4角5番手以下+上がり3F4位以下という条件で絞ると

(単回収908%、複回収401% 複勝率66.7%) 6頭

という成績になります。

力のある馬だったら、七夕賞での着順・レース内容は気にしなくて良いでしょう。
逆に穴馬としてピックアップしておきたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。