スプリンターズステークスの有利な枠はコレ、穴馬激走と枠順には密接な関係があった!

Pocket

今回はスプリンターズステークスにおける有利枠の分析を行っていき
期待値の高い枠順を分析していきたいと思います。

競馬予想の参考になると思いますので、是非参考にしてください。

 

 

どうも、MOTOです。

スプリンターズステークスで秋のGIが開幕となります。

どのレースでも的中を願ってやみませんが
やっぱりGIは的中させたいものですよね。

 

そんな思いを実現させるべく、

”スプリンターズステークスにおける有利な枠”

について、データを取ってみました。

是非、予想の参考にしてくださいね。

 

データを取得期間は2011~2020年、
中山競馬場で行われたレースに限定して分析を行っております。

それではさっそく行ってみましょう!

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
消し馬の情報はコチラ ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

スプリンターズステークスで有利な枠の分析

全体的な枠順分析

まずはスプリンターズステークスの全体的な枠順成績を見てみます。

 

1~5枠に複勝率20%を超える成績が見受けられ
1~3枠は複勝回収率が100%を超えているように

”スプリンターズステークスは内枠が有利” と言えます。

じゃあ、内枠が有利なんだね。

だけで終わってしまうと分析にならないので
もう少し掘り下げて成績を見てみましょう。

 

まずこの枠順別成績を性別で分けてみます。


(牡馬の枠順別成績)

 


(牝馬の枠順別成績)

 

牡馬は極端に外枠不利、内枠有利の傾向を見せている一方
牝馬は外枠の方が走る傾向が見て取れます。

この性別差に大きなポイントがありますので
牡馬と牝馬別に枠順別成績を見ていきましょう。

 




 

牡馬はなぜ内枠で激走する条件を探す

なぜ牡馬は内枠で好走し、外枠で凡走するのか…

枠順別成績を掘り下げて見ていきましょう。

 

まずは過去に1~3枠に入って馬券に絡んだ牡馬を見ていきましょう。

 

6頭(7回)馬券に絡んだ馬がいる中で
人気馬で馬券に絡んだのはダノンスマッシュのみ。

ラインスピリット、マヤノリュウジン、サクラゴスペルは
単勝2桁人気の馬ですし、ドリームバレンチノもパドトロワも
9番人気とかなりの人気薄で凡走しています。

これらの馬達の共通点を探っていきたいと思います。

 

まずは過去に1~3枠に入った全馬の
4コーナーでの順位別成績を見ていきましょう。

 

4角5番手以内の馬 複勝率33% 複勝回収率317%
4角7番手以下の馬 複勝率12% 複勝回収率37%

先行した馬が極端に有利だという事が分かります。

つまり、内枠から先行策を取って、ロスなくレースする事で
好成績を収めていると言うことが分かります。

 

もう一つ、過去に1~3枠に入った全馬の
上がり3ハロン順別成績を見ていきましょう。

 

上がり3ハロンで3位以内に入った馬は馬券に絡めず。

先行しての粘り込みでしか馬券に絡めていない事が分かりますね。

 

続いて、過去に1~3枠に入った全馬の
前走での4コーナーでの順位別成績を見ていきましょう。

 

4角5番手以内の馬 複勝率33% 複勝回収率317%
4角7番手以下の馬 複勝率12% 複勝回収率70%

ここからも先行馬が有利だという事が分かります。

 

脚質は逃げ・先行

これが内枠に入った牡馬の絶対的な法則です。

 



 

次に牡馬のローテーションについて見てみます。

過去に1~3枠に入った全馬の前走レース名を見ていきましょう。

 

安田記念から直行して馬券に絡んだ馬が1頭(ダノンスマッシュ)いますが
大原則としてセントウルステークス、キーンランドカップの
2つのレースから出走した馬が馬券に絡んでいることが分かります。

 

ここから分かる牡馬の好走条件はいかの3点となります。

・内枠(1~3枠)に入る。

・先行馬である(前走先行している)

・レース間隔が詰まっている。

次に牝馬の成績を見ていきましょう。

 


 

牝馬はなぜ外枠でも走るのかの条件を探す

次になぜ牝馬が外枠で好走するのか…

枠順別成績を掘り下げて見ていきましょう。

 

まずは過去に5~8枠に入って馬券に絡んだ馬を見ていきましょう。

 

カレンチャン(2回)やグランアレグリアなど
人気に答えて勝利をしている馬もいますが

アウィルアウェイ、エーシンヴァーゴウ、ラブカンプー

などが人気薄(7番人気以下)で馬券に絡んでいます。

これらの馬達の共通点を探っていきたいと思います。

 

まずは過去に5~8枠に入った全馬の
4コーナーでの順位別成績を見ていきましょう。

 

4角5番手以内の馬 複勝率38% 複勝回収率155%
4角7番手以下の馬 複勝率15% 複勝回収率63%

先行馬が有利ですが、回収率、好走率の差は牡馬よりも少なく
牝馬は差し馬でも好走できるという事が分かりますね。

 

もう一つ、過去に5~8枠に入った牝馬の
上がり3ハロン順別成績を見ていきましょう。

 

上がり3ハロンで3位以内に入った馬の活躍が目立ちます。

牝馬は後方からの末脚が利くことが分かりますね。

 

続いて、過去に5~8枠に入った全馬の
前走での4コーナーでの順位別成績を見ていきましょう。

 

4角5番手以内の馬 複勝率40% 複勝回収率166%
4角7番手以下の馬 複勝率17% 複勝回収率68%

牝馬は差しが利く存在ではありますが
前走は前に行っていた馬の方が成績を残せています。

 

脚質は差しでも可ですが、前走の脚質は気にする必要なし

これが外枠に入った牝馬の法則です。

 




 

次に牝馬のローテーションについて見てみます。

過去に5~8枠に入った牝馬の前走レース名を見ていきましょう。

 

臨戦過程としては牡馬の傾向とそれほど変わりませんが
牝馬にはもう一つ傾向があります。

それが前走着順です。

 

過去に5~8枠で馬券に絡んだ牝馬の前走着順を見てみると…

 

全馬が前走4着以内に入っています。

夏場に調子を上げると言われている牝馬なので

夏からの好調をそのまま引き継いでいき
スプリンターズステークスで好走する

という傾向が見られます。

 

ここから分かる牝馬の好走条件は以下の3点となります。

・枠順は拘らないが外枠に入ればチャンス

・脚質は拘らないが、前走は先行していた方が良い

・前走で4着以内に入っている(好調である)

ここを押さえておきたいですね。