【セントライト記念2021】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【セントライト記念2021】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではセントライト記念2021の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

セントライト記念は菊花賞のトライアルレースです。


(写真は2020セントライト記念 バビット)

セントライト記念は菊花賞のトライアルレースです。

菊花賞のトライアルレースは

セントライト記念、神戸新聞杯

この2レースがありますが

タフな条件であるセントライト記念は
有力馬が避けやすい条件なので
一線級よりも下が出走しやすいレースとなっています。

ただ、過去にはスターホースであるキタサンブラックを
筆頭としてフェノーメノ、イスラボニータなどのGI馬も勝っており

近年、菊花賞との繋がりも強くなっているレースです。

 

そんなセントライト記念2021にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

タイトルホルダー 2.8倍
ルペルカーリア 6.5倍(神戸新聞杯と両にらみ)
ヨーホーレイク 12.1倍(神戸新聞杯と両にらみ)
レッドジェネシス 14.6倍(神戸新聞杯と両にらみ)
ノースブリッジ 21.5倍

今週の重賞で最も危険なデータを持つ
あの馬の情報はコチラから ⇒ 人気ブログランキングへ

 


 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 主な出走馬 >

スタミナのある ノースブリッジ

前走のラジオNIKKEI賞では最後の最後まで
粘り込んで3着に食い込んだノースブリッジ

青葉賞では展開が合わずに惨敗してしまいましたが
前走ではノースブリッジの力を改めて見せた形になります。

果たしてGIでも通用する能力を持っているのか…

ここは今回のセントライト記念でノースブリッジが
どれだけの結果とパフォーマンスを見せるかにかかっています。

皐月賞2着の タイトルホルダー

春シーズンは弥生賞を制して、そのままの勢いで
皐月賞でも2着と好走して見せたタイトルホルダー

皐月賞では2着に入ったものの日本ダービーではフロック視され
単勝30倍台の8番人気となりましたが、6着に踏ん張った事から
世代トップクラスの地力を証明して見せました。

春はずっと人気薄で出走してきただけに
秋シーズンで活躍できるかどうかはセントライト記念での走りにかかっています。
タイトルホルダーの今後を占う意味で重要なレースとなります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング