【アルゼンチン共和国杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【アルゼンチン共和国杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではアルゼンチン共和国杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

アルゼンチン共和国杯は東京芝2500mで行われる重賞レースです。


(写真は2019アルゼンチン共和国杯 ムイトオブリガード)

アルゼンチン共和国杯は東京芝2500mで行われる重賞レースです。

数多い東京競馬場のレースの中で芝2500mという
条件で行われるのは目黒記念とアルゼンチン共和国杯のみ。

日本ダービーと比較するとたった100mしか変わりませんが
スタミナが求められる舞台へと変わっていくので
ステイヤーの出番になっていますが、GIとの関連も出てきています。

 

昨年の勝ち馬は ムイトオブリガード はGIとは無縁のタイプですが

それ以外の年を見てみると

スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ゴールドアクター

など近年はGI勝ち馬が出てきており
有馬記念や来年の天皇賞春を占う意味でも見逃せない1戦となっています。

 

そんなアルゼンチン共和国杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ユーキャンスマイル 3.2倍(京都大賞典と両にらみ)
サンレイポケット 5.3倍
サトノルークス 16.0倍
ゴースト 19.6倍
アイスバブル 34.7倍
タイセイトレイル 38.9倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

長距離戦で適性を見せる ゴースト

前走は2600mの札幌日刊スポーツ杯を好位から完勝して
改めて長距離適性を見せつけたゴースト

サンデーサイレンス系の長距離砲であるハーツクライ産駒という事で
距離適性についても晩成型の血脈についても
今回のアルゼンチン共和国杯の舞台が期待出来る馬です。

悩めるGI2着馬 サトノルークス

菊花賞2着という実績がありながらも
近走はスランプに苦しむサトノルークス

近2走はまったくいいところがありませんでしたが
明らかに距離の短い2000mだったので
2500mのアルゼンチン共和国杯は
サトノルークスの復活が期待出来る舞台です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング