種牡馬カレンブラックヒルはどんな子供(産駒)を生む?血統に頼らない特徴分析

Pocket

2019年の新馬戦がスタートしました。

一昨年はオルフェーヴル、ロードカナロアといった注目種牡馬の産駒がデビューしたものの
昨年はジャスタウェイなどやや小ぶりな印象のありました。

2019年新種牡馬のメンツを見てみると
2017年と2018年の中間くらいのレベルかな、という感じ

ある意味どっちにも振れるレベルで
注目度は近年では一番ですね。

 

そんな2019年、新種牡馬の特徴と適性を分析していきたいと思います。

今回取り上げるのは、ダイワメジャーの後継として期待がかかる種牡馬

カレンブラックヒル です。

カレンブラックヒルはデビューから連勝を続けて
ニュージーランドトロフィーを圧勝

続くNHKマイルカップでも勝利を収めて
無傷の4連勝で一気にGIホースの座に上り詰めました。

休み明けの毎日王冠でも勝利をおさめ5連勝を飾りましたが
次走の天皇賞秋で負けて以降、一気に成績が下降。

その後はダービー卿チャレンジトロフィーを勝ちましたが
ビッグタイトルを取ることが出来ずに引退してしまった馬です。

 

今回は現役時代のカレンブラックヒルの走りと照らし合わせてうえで
分析して産駒の特徴を挙げていきたいと思います。

 

 

2019年にデビューを予定している他の種牡馬の産駒特徴については以下から確認して下さい。

2019新種牡馬の特徴を徹底予想、注目馬の産駒は走るのか?

 

< はじめに >

 

一つお断りしておきたいのですが
種牡馬の特徴というと血統に深く入り込んで話をする形が多く見受けられますが
ここでは血統という要素を極力減らして
カレンブラックヒルという1頭の馬の個性・特徴から産駒の個性を分析しています。

そのような形にした理由は2つあります。

・血統に詳しくない人にも分かりやすく説明をするため

「競馬は血のロマン」という言葉があるように血統は競馬の魅力の一つですが
奥が深いがゆえに、初心者には入りづらいという面があります。
競馬は楽しんでなんぼだと思っていますので「血統分からない奴は予想をするな」
というような排他的な考えは持ちたくなかったので、個性を中心に分析をして
全員が分かるような形で分析を行っています。

・血統のみの分析によるミスマッチを防ぐため

サンデー系の種牡馬が席巻している日本競馬界において
同じ血統や似たような血統は多数存在します。

例えば、ディープインパクトとブラックタイドは父も母も同じなので、
血統面からいえば全く同じ適性の産駒が誕生するはずですが、
実際の産駒特徴は全く異なります。
それはディープインパクトとブラックタイドが全く違う能力で
違う適性を持っているからに他ならないのですが、
血統だけで分析を行うとそういった点を見過ごす可能性が高くなります。

そういった事を防ぐため、ここでは個の特徴を中心にお話をしています。
血統に特化した分析を聞きたいという方は他の方が行っている分析を聞くことをオススメします。

それでは、分析をはじめていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 競馬場、馬場について >

まずはカレンブラックヒルが現役時代にどの競馬場が得意だったのか?
そして、重馬場は得意だったのか?不得意だったのか?
という点について分析をしていきたいと思います。

カレンブラックヒルの現役時代の競馬場別成績を見てみると

右回り 【5.0.0.5】
左回り 【2.0.0.10】

阪神 【0.0.0.2】
京都 【2.0.0.3】
東京 【2.0.0.7】
中山 【2.0.0.0】
新潟 【0.0.0.1】
中京 【0.0.0.2】
小倉 【1.0.0.0】

成績を見るとほとんどが右回りですが
走りの内容を見ると右回りが得意というよりも

直線で坂があり、パワーを求められるコースが得意”

である事が分かります。

 

カレンブラックヒルのベストレースは?

と聞かれると、ほとんどの人が2012年のNHKマイルカップを挙げるでしょう。

ここに異論はないのですが、

一番カレンブラックヒルらしさが出たなぁと思うレースは

2012年のニュージーランドトロフィー
「パワーで直線を押し切れる舞台」が良いのは間違いありません。

 

産駒にも、カレンブラックヒルのこの傾向は引き継がれそうです。

パワーや持久力を活かせる競馬場

中山競馬場や小回りの競馬場を得意とする馬が多くなりそうですね。

ピークだった頃はNHKマイルカップ、毎日王冠と連勝しましたが

本質的には直線が長く、末脚勝負となる舞台は苦手

この傾向は産駒にも引き継がれそうなので

根幹距離から非根幹距離替わり

こう言った条件で狙えそうですね。

 

馬場に関しても話をしていきます。

カレンブラックヒルが現役時代に重馬場以下の条件でレースをしたのは4回

2012年 新馬戦 1着

2014年 安田記念 9着

2015年 小倉大賞典 1着

2015年 大阪杯 8着

重馬場が得意なダイワメジャー産駒であるカレンブラックヒルですが

能力が枯れた後の重賞で勝利を収めているように、重馬場は得意

重馬場の戦力アップが見込める

と、考えた方が良さそうです。

 



 

< 距離について >

キズナが活躍したのは中距離(1800m~2400m)でした。

こちらもまずは距離別成績から見ていきましょう。

1400m~1600m 【5.0.0.9】

1800~2000m 【2.0.0.4】

2100m以上 【0.0.0.1】

 

1800~2000mの成績は【2.0.0.4】ですが

”1800mで2勝しており、2000mで4戦4敗”

という点からも

短距離のでの強さが際立ちます。

 

ダイワメジャー産駒も2000m以上になると弱くなりますが

カレンブラックヒル自身も短距離馬で、ダイワメジャーよりも底力はないので
より短距離に特化した産駒が出てきそうですね。

1600m以下で力を発揮しそうです。

 




 

< 性格、気性面について >

カレンブラックヒルはパワーと持久力を武器に
直線が短く、パワーが必要なコースで力を発揮する存在であるという話をしてきましたが、
気性や性格についてはどのような傾向があるのでしょうか?

カレンブラックヒルの成績を見てみると

ピークを超えた4歳からは常に凡走していますが
常に先手を取って、ゴール前まで必死に粘っています。

このレース成績から

“常に自分の能力を100%出し切る前向きな気性”

を持った馬だと言えます。

 

そして、負ける時も自分の競馬に徹していた面や
馬場が悪くてもしっかりと走るあたり

“勝負根性を持った馬”

だとも言えますね。

 

この「走ることに前向きで勝負根性を持っている気性」は
産駒へも継承されそうです。

競走馬のタイプとして

常に自分の力を出してくるので
得意な条件では安定した成績を残してきそうです。

全体的に上記のような傾向になりますが

全体的なスケール感がない馬なので
格上げ戦では危険な面を見せそうです。

 



 

< 成長曲線について >

カレンブラックヒルは3歳初めにデビューして
一気に5連勝してGIまで上り詰めた馬で

デビュー戦から力を見せたと言えます。

また、古馬になってから得意条件かつ

G3戦でしか走れなかったところを見てみると

成長曲線は「早熟型」であると言えます。

カレンブラックヒルの父親であるダイワメジャーは
古馬になってもGIを勝っていた事からも

成長曲線はダイワメジャーとは違ってきそうですね。

長い休み明けで出走してきた場合などは危険度が上がりそうですし
古馬になって突然崩れた、次のレースでは巻き返しが期待できそうにない点など
馬券的にも役立ちそうですね。

 




 

< まとめ >

カレンブラックヒルはパワーと持久力を持っている分
中山競馬場のような小回りで力が要るコースで活躍した馬です。

産駒にもその傾向は受け継がれそうで
直線が長く、広いコースなどでは狙いを下げたほうがよさそうです。

適性距離は1600m以下

父ダイワメジャーが輩出した他の産駒を見ても

短距離馬が多く誕生することが期待されます。

前向きな気性を持ち合ちながら、勝負根性もあるカレンブラックヒルなので
産駒はGI戦などの格上げ戦は苦労しそうです。

また、早熟型で活躍の期間が限られそうなことからも
カレンブラックヒル産駒がリーディング上位に食い込むのは厳しいと思います。

「早熟」「小回り」「短距離」「重馬場」「安定感あり」

というキーワードが並んでいるので、
馬券的には攻略しやすい種牡馬になりそうです。

産駒の活躍が楽しみですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので
普通の予想とは全く違う見解が聞けますので
是非、一度覗いてみて下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑