【ジャパンカップ2017予想】穴馬シャケトラを推す理由とは?

Pocket

ここでは2017ジャパンカップに出走馬の中で
”穴馬”として指名したシャケトラについて
狙える根拠や理由は話していきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、MOTOです。

有馬記念でのミルコデムーロ騎手の騎乗馬が決まったようです。

ミルコデムーロ騎手の騎乗馬は

“スワーヴリチャード”

です。

なんだか「おぉー!」という気分になりますね。

私のスワーヴリチャードへの評価は

「GIを勝つのにはちょっと足りない馬かな」

という評価です。

このGIを勝つにはちょっと足らない馬であるスワーヴリチャードが
有馬記念でキタサンブラックをはじめとして一流馬にどう立ち向かうのか?

アルゼンチン共和国杯では強い競馬をして
アルバート、セダブリランテスあたりを一蹴したので
春よりも成長しているという可能性はありますが
皐月賞でも見せたように右回りの実績はない馬です。

さすがに有馬記念まで馬券圏内に入り続けている事はないでしょうが
2017年のGIで大暴れしているミルコデムーロ騎手が
有馬記念でスワーヴリチャードをどう操るのか?

いまから楽しみでなりません。。

 

さて、今週はジャパンカップが行われます。

先週のマイルチャンピオンシップとは打って変わって
キタサンブラックやレイデオロといった日本を代表する
強い馬達出走してくるので、大荒れは見込めなさそうなレースです。

とはいえ、競馬に絶対はありません。

“キタサンブラック-レイデオロの馬連を買うのは嫌だ”

という人の為に今回は2017ジャパンカップで狙える穴馬を挙げて
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

穴馬はもちろん、本命馬に比べれば好走の確率が低い馬です。

その前提を基に“一角崩しのありえる馬”という観点で話をしていきます。

確率が低いという事を前提にポジティヴな要素を話していきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“ジャパンカップ”

先週は色々と話題を振りまいた武豊騎手とキタサンブラック
天皇賞秋で復活を遂げて、ジャパンカップは1強ムードが漂っています。

そんな中、ホースメン会議では
「万全の体制を整えた超勝負馬がいる」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

「ジャパンカップを目標に逆算した仕上げを施され、完璧と言える仕上がり」

と言わしめる1頭の貴重な情報を
今週ホースメン会議に無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます

ホースメン会議無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

それでは私が選んだ穴馬について話していきます。

私が選んだジャパンカップの穴馬は

“シャケトラ”

です。

それではシャケトラを穴馬に指名した理由を話していきましょう。

 

シャケトラ

シャケトラは今年彗星のように現れた上がり馬です。

条件戦を4戦しかこなさず(3勝3着1回)
1600万条件の身でありながら日経新春杯に出走して2着と
重賞でも通用する力を見せつけると
続く、日経賞では強い競馬でゴールドアクターやディーマジェスティを寄せ付けず圧勝

一気にGIを狙える存在にまでのし上がりました。

まだ能力の底が見えていない

続く、天皇賞春ではキタサンブラック、サトノダイヤモンドに続く
3番人気に支持されましたが、ここでキャリアの浅さを見せます。

内枠で揉まれに揉まれて自分の競馬が出来ないまま惨敗
能力負けというよりもキャリアの浅さによる敗戦でした。

続く、宝塚記念では2番人気に支持され4着に敗れましたが
上位に入った馬のメンツを見てみると
サトノクラウン、ゴールドアクター、ミッキークイーン
全ての馬が後方からの差しという戦法をとっていました。

4コーナーで2番手にいたシャケトラには厳しい流れだったにも関わらず
4着に粘り込み、改めて力のあるところを証明しました。

ちなみに逃げをうったシュヴァルグランは8着
シャケトラと同じく4コーナーで2番手だったキタサンブラックは9着と
典型的な前崩れのレースでシャケトラは力負けではありませんでした。

そして、前走の天皇賞秋ではぐちゃぐちゃの不良馬場に加えて大外枠

これで走れというのが無理な状況でのレースで
15着という着順は参考外で全く気にする必要はありません。

これらの内容を見る限りシャケトラはGIで頭打ちになったと判断することは出来ず
広いコースで自分の力を発揮することが出来れば
今回のメンバーを相手にしても十分に通用する可能性があります。

これらの要素から2017ジャパンカップで
シャケトラは面白い穴馬だと判断出来ます。

 

以上です。

 

今年のジャパンカップはキタサンブラック、レイデオロという2頭が柱になっているうえに
その2強に続くサトノクラウン、シュヴァルグラン、ソウルスターリングらも強力

穴馬が入ってくる余地は大きくはありませんが
その分、穴馬が来た時の破壊力は凄まじいものがあります。

ジャパンカップは本命サイドでチマチマ買いたくない
という方は、穴馬シャケトラに注目して貰えたらと思います。

2017ジャパンカップで私が注目している馬は
どう考えてもここが本気度ナンバーワンといえるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。