【2017ジャパンカップ予想】買える有力馬、買えない危険馬診断

Pocket

ここでは2017ジャパンカップに出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬の判断をしていきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

どうも、最近の好きな馬名は
「プリンシアコメータ」のMOTOです。

JBCレディスクラシックでも2着に入った実力馬ですが
最初にプリンシアコメータという馬名を聞いたときに
なんども「プリンシアコメータ」と言いましたからね。

なんか癖になる響きですよ。

特に「コメータ」の部分がたまりません。

どうしても何度も言いたくなってしまいます。

決してかっこいい名前だとも思わないですし
面白い名前だとも思わないのですが

もし良かったら貴方も「プリンシアコメータ」と言ってみてください。

きっとハマると思いますよ。

 

さて、今週はジャパンカップが行われます。

天皇賞秋を快勝して改めて現役最強馬の証明をしたキタサンブラック
宝塚記念を制して天皇賞秋も2着に入ったサトノクラウン
3歳世代の牡牝代表である藤沢厩舎のレイデオロ、ソウルスターリング

あたりが人気になりそうなメンバー構成ですね。

東京芝2400mという王道コースで行われるレースなので
能力の高い馬から買っていくことが定石の攻め方になると思います。

それゆえに人気各馬の能力判断、適性判断をしていき
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“ジャパンカップ”

先週は色々と話題を振りまいた武豊騎手とキタサンブラック
天皇賞秋で復活を遂げて、ジャパンカップは1強ムードが漂っています。

そんな中、ホースメン会議では
「万全の体制を整えた超勝負馬がいる」
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

「ジャパンカップを目標に逆算した仕上げを施され、完璧と言える仕上がり」

と言わしめる1頭の貴重な情報を
今週ホースメン会議に無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます

ホースメン会議無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

それでは、いきましょう!

 

キタサンブラック

2走前の宝塚記念惨敗で復活が心配されたキタサンブラックですが
前走の天皇賞秋で見事に復活を果たしました。

休み明け初戦となった天皇賞秋は宝塚記念の疲労がどこまで回復しているかが
焦点となりましたが、不良馬場でのタフな競馬を勝ち切ったことで
疲労は抱えていると思いますが
その反動がどこまで出てくるかが問題点となります。

キタサンブラックについて詳細に分析した記事はコチラ

キタサンブラックはジャパンカップ連覇なるか?

 

サトノクラウン

前走の天皇賞秋ではキタサンブラックと熾烈なたたき合いの末
2着と敗れましたが、改めてその能力を証明した形となりました。

ただ、前走は得意の不良馬場でライバルが自滅した感があり
前走で目一杯走った点から激走の反動が出てくることが懸念されます。

天皇賞秋を終えて急遽ジャパンカップへの挑戦を表明しましたが
体調が良いからなのか、それともオーナーサイドのゴリ押しなのか?
このあたりもサトノクラウンを買う上で大きな要素となりそうです。

サトノクラウンについて詳細に分析した記事はコチラ

サトノクラウンは期待値の低い危険な人気馬

 

レイデオロ

今年の日本ダービーを制して、休み明け初戦の神戸新聞杯も完勝
名実共に3歳ナンバーワンホースとなったレイデオロですが
今年の3歳馬は古馬相手に苦戦を強いられており
そもそもの能力が一流の古馬に通用するかはまだ未知だと言えます。

アルゼンチン共和国杯でのスワーヴリチャード
マイルチャンピオンシップでのペルシアンナイト
と追い風に乗ることが出来るかどうかに注目が集まります。

 

ソウルスターリング

ハイレベルの3歳牝馬にあって、そのトップに君臨するソウルスターリングですが
毎日王冠、天皇賞秋と共に掲示板にも入ることが出来ずに
強力な古馬の一流牡馬の壁にぶつかっている印象です。

前走の天皇賞秋は不良馬場という事で酌量の余地がありますが
毎日王冠は絶好の条件で惨敗しているだけに
牡馬相手には通用しないタイプの牝馬である可能性があります。

 

シュヴァルグラン

天皇賞春ではサトノダイヤモンドを下して、キタサンブラックに肉薄した
シュヴァルグランですが、天皇賞春の激走もあり
宝塚記念、京都大賞典は本来のパフォーマンスを見せられませんでした。

状態面がどれだけ回復しているかが焦点となりそう
思うようなポジションが取れなかった京都大賞典のような走りをしてしまうと
強敵が集う今回は惨敗してしまう可能性がありそうです。

 

マカヒキ

前走の天皇賞秋では不良馬場を必死に追い込んで5着と
復活の兆しを掴みつつあるマカヒキ

日本ダービーを勝つまでは強いレースを見せ続けていただけに
今年に入ってからの不振は本来のマカヒキとはほど遠い
パフォーマンスであることは周知の事実

叩き3走目で体調が戻ってきてもおかしくはないが
フランス遠征で気持ちが消耗してしまったとしたら
完全復活は難しいと思われます。

 

シャケトラ

今年の冬に彗星のごとく出現してきたシャケトラ

日経賞を圧勝するなど、地力の高さは
GIでも十分に通用するパフォーマンスを見せていましたが
天皇賞春以降は馬券に絡めない厳しいレースが続いています。

天皇賞秋は不良馬場の上に大外枠だったので
不運な部分もありましたが、勢いを失ってしまった分、
停滞ムードも漂っており、決して楽観は出来ません。

 

レインボーライン

前走の天皇賞秋では不良馬場を味方に3着と
馬場適性を見せると同時に菊花賞2着の力を見せたレインボーライン

自分で競馬を作れない追い込み一手の脚質なので
展開が向かなければ勝負に参加出来ない弱さを抱えています。

今回はキタサンブラックという強力な先行馬が
出走する中で、どこまでレインボーラインの流れになるかが焦点となりますが
地力では一歩劣る分、かなり恵まれた展開にならないと厳しそうです。

以上です。

 

今年はキタサンブラックという大本命がいる中でのジャパンカップです。

昨年のジャパンカップの勝ち方や前走の天皇賞秋でのねばり強さを見ると
キタサンブラックの牙城を崩すのは簡単ではありませんが
3歳馬のレイデオロを筆頭に虎視眈々と王座を狙う馬が多数存在しており
見応えのあるレースになりそうです。

キタサンブラックが連覇を果たすのか?
果てまた新王者に輝く馬は出てくるのか?

注目ですね。

2017ジャパンカップで私が注目している馬は
このレースに賭ける勝負気配が最も高いであろうあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。