2017スワンステークス枠順確定、枠の有利不利と気になる馬場状態を考えて分析

Pocket

2017スワンステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
雨予報が出ている京都競馬場の馬場状況予想について
過去10年で行われたスワンステークスでの
傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

先日インフルエンザの予防接種をやってきました。

大人になってから血を抜かれる(採血)のはだいぶ慣れてきましたが
どうもああいった予防接種は苦手ですね。

とにかく2度痛いんですよね。

注射を差すときに1度目痛い思いをして
ワクチンを注入するときに2度目の痛い思いをする。

しかも、2度目の痛みは1度目の痛みを遙かに超える
衝撃なのでどうしても好きになれません。

ちなみに採血の場合は綺麗な看護師さんに
やってもらう時は結構ドキドキものです。

体制的に自分の手の先が看護師さんの体に触れそうになるので
この触れるか触れないかギリギリの駆け引きが
たまらなく心をくすぐられます。

チラリズムが好きな物ですから…

もし「採血が嫌いだ」という人はそんな楽しみ方をして貰えれば
少しは注射が好きになるかもしれませんよ。

と言うことで、競馬と全く関係ない話でしたが
スワンステークスの話にいきましょう!

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は大混戦の重賞 ”天皇賞秋”

『宝塚記念大敗後、復帰戦となるキタサンブラック』
『宝塚快勝後、ぶっつけで挑むサトノクラウン』
『復活を期待されるダービー馬マカヒキ』
『大敗から巻き返せるか?3歳牝馬ソウルスターリング』

と、有力馬が揃って崩れる可能性がある天皇賞秋ですが
『競馬セブン』では ”ある馬” だけは確勝級の情報が集中している
という情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員の登録してくれた方に全ての答えを教えます。
そして、天皇賞秋の馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、スワンステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずスワンステークス(京都芝1400m外回り)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・ディープ産駒が活躍する直線勝負のレース

・先行脚質が強いレース

・外枠に入った馬が強いレース

という特徴があります。

土曜日の京都競馬場は曇りのち雨の予報なので
パンパンの良馬場という事はないと思いますが
大降りなる予報ではないので、良馬場に近い形で行われるのではないかと思います。

ですので、基本は能力を重視。
重馬場の巧拙はそれほど検討に含まず予想をして行こうと思います。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

スプリンターズステークスで2着に入った

1枠2番 レッツゴードンキ

は良い枠に入りましたね。

レッツゴードンキは勝負根性があるタイプの馬で
高松宮記念でもスプリンターズステークスでも内を突いて伸びてきています。

前走で1200m戦を使ってきただけに
距離延長となるスワンステークスで外々を回る
体力勝負のレースはしたくないところで
内で距離ロスなく乗れる条件に入ったのはプラス要素ですね。

岩田騎手も一時期は不振を極めていましたが
ここのところいい騎乗が出来ているので
今回のスワンステークスは良いレースが出来そうな枠に入れましたね。

 

高松宮記念の勝ち馬

6枠11番 セイウンコウセイ

は上々の枠順だと言えます。

セイウンコウセイは差して持ち味を発揮する馬ではないので
今回は前走のスプリンターズステークスよりは前のポジションで
競馬をする事になると思いますが
極端な内枠だと揉まれる可能性があるので外目の枠は歓迎です。

もう少し外目で偶数の枠であれば一番競馬しやすい条件だったと思いますが
十分に希望を満たした枠順だと言えます。

 

現在3連勝中の

2枠3番 サングレーザー

も悪い枠ではありません。

サングレーザーの3連勝の内枠を見てみると
全てのレースで最後方近くからの追い込み一気という競馬でした。

今回は相手がグッと強くなりますし
もともと前残り傾向のあるスワンステークスで
今まで通り後方からの大外一気はリスクが高くなるので
サングレーザーにとっては直線で内が空いたところをズバッと差す形の方が良さそうです。

久しぶりに日本の競馬に騎乗するクリスチャンデムーロ騎手の
手綱さばきにも注目が集まるところですね。

 

久しぶりの1400mで復活が望まれる

8枠18番 カラクレナイ

なんとも言えない枠順になりました。

父ローエングリン産駒譲りの持久力勝負が得意な馬なので
外からずっと脚を使って勝負するというスタイルは悪くありませんが
後方からのレースになってしまうと
大きな距離ロスを被って直線を迎える形になってしまいます。

そうなってしまうと今回の大外枠は裏目となってしまいますが
逆に前目のポジションにつける事が出来れば
カラクレナイの長所を活かすような競馬がしやすくなるので
パフォーマンスが一気に上がる可能性があります。

今回のスワンステークスではミルコデムーロ騎手が
どんな競馬をするかによって枠の有利不利が変わってきそうですね。

 

スワンステークスと同舞台のファンタジーステークス勝ちがある

8枠17番 ミスエルテ

は良い枠に入りました。

ファンタジーステークスの内容を見れば高い能力がある事は分かりますが
不器用な馬なので、自分のリズムで走る事が重要となってくる
ミスエルテにとっては外枠は大歓迎でしょう。

桜花賞やNHKマイルカップでは見せ場なく敗れているだけに
1400mへの距離短縮で良さを見せたいところですね。

 

函館スプリントステークスをレコード勝ちした

3枠6番 ジューヌエコール

はもう少し外の枠に入りたかったですね。

父クロフネ、母父アグネスタキオンという血統面からも
16頭立て以上のレースとなった桜花賞、阪神ジュベナイルフィリーズ
フィリーズレビューの競馬で惨敗していることからも分かるとおり
ジューヌエコールは揉まれ弱い点を持っている馬です。

どこまで先行出来るかによっても変わってきますが
18頭立てのレースで内枠に入った事は明らかにマイナスです。

今回の内枠はマイナス要素だと言えます。

 

まとめ

2017スワンステークスで良い条件の枠をゲットしたのは
たくさんいますが、特に良い枠を引いたと判断してるのは

1枠2番 レッツゴードンキ

8枠17番 ミスエルテ

この2頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
能力そしてローテーションを基にして
枠順の要素を加味して貰えたらと思います。

マイルチャンピオンシップに向けての重要なステップレースです。

頑張りましょう!!

 

私が2017スワンステークスで注目している穴馬は
目立たないながらも実力があり展開も恵まれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。