【2017菊花賞予想】大穴馬はマイスタイル!期待できる理由と根拠は?

Pocket

2017菊花賞に出走を予定している馬の中で
私が穴馬として期待しているマイスタイルについて
期待出来る理由とその根拠について話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

先日は東京都の府中教習所で免許の書き換えに行ってきました。

府中教習所はかなり大きな教習所なので
そこに食堂や売店があるのですが
売店を見てみると警察庁のマスコットキャラクター
「ピーポくん」が売っていました。

大中小のサイズでピーポくんが販売されていて
“こんなもん、誰が買うんだよ!”
と思っていましたが、私と一緒に教習を受けていた
ギャルっぽい女性がまさかのピーポくん購入

“しかも、サイズは大”

(ネット調べでは大は5,870円:税込)

「すげー、この人すげー」

と心の中で大興奮しましたね。

インスタに上げるのか、ブログにアップするのか
それとも単純に楽しい思い出とするために
購入したのかは分かりませんが
はっきり言って無駄な存在と言えるピーポくんに
さらっとお金を使えるあたり、かなりの強者だなと思いました。

 

さて、今週は菊花賞が行われます。

ダービー1着のレイデオロ、2着のスワーヴリチャード、3着のアドミラブルと
上位に入った馬が軒並み出走しない(出来ない)状況で行われるレースなので
当然、波乱の目があるレースだと言えます。

そんな2017菊花賞で
私が期待出来る穴馬だと思っている馬は

マイスタイル

です。

 

日本ダービーは4着に入りましたが
秋初戦となる神戸新聞杯では7着に敗れ
クラシック1冠目の皐月賞では16着と惨敗した
マイスタイルが、なぜ2017菊花賞で期待出来る穴馬となるのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【菊花賞】話題の馬主情報が無料!!

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ダービー【1万1870円的中】
皐月賞 【8710円的中】

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【菊花賞(GI)・大口勝負馬券】

今回新規登録者に限り特別無料配信!

トップシークレット無料登録はここをクリック!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

第一に、クラシック戦線で2回激走している点

マイスタイルは日本ダービーで4着に入りましたが
このレースは最大限展開に恵まれたレースでした。

勝ったレイデオロはあまりにスローペースだったため
3コーナー手前から捲って先団にとりついて押し切りましたし
2着のスワーヴリチャードも内々の経済コースを通って先行した
競馬で展開をうまく利用した競馬が出来ました。

そんな流れの中、マイスタイルは逃げて4着に入ったので
本来であれば実力は評価出来ません。

実際に神戸新聞杯でも7着と敗れているわけですが
一つ注意したいのは、マイスタイルは日本ダービーだけでなく、
弥生賞でも同じような競馬で2着に入っているという点です。

展開に乗じて1回だけ好走するという事は
極端に力の劣る馬でもあり得る事ですが
展開に乗じて2回好走できるということは
純然たる能力勝負や末脚比べでは力が劣っても
スローペースの持久力勝負なら強さを見せられる

という事の証明です。

神戸新聞杯では日本ダービー4着が評価されて穴人気になりましたが
神戸新聞杯で7着で敗れたことで「やっぱり無理だね」という評価を受け
菊花賞では人気を大きく落とすことが予想されます。

ここは買えるタイミングですね。

 

第二に、有力馬に差し馬が多い点

今回の菊花賞のメンツを見てみると出走馬には差し馬が多くいる事に気づきます。

神戸新聞杯2着のキセキ、3着のサトノアーサーは追い込みに近い差し馬ですし
セントライト記念を勝ったミッキースワローも差し馬です。

唯一アルアインが先行馬として人気になりそうな存在ですが
もともと距離に不安があるタイプの馬なので
積極的に前々から強気の競馬をするとは思えず
いつもより後方からの競馬になりそうです。

そう考えると前で競馬をする馬は人気薄の馬ばかりで
かなりマークが薄くなりそうです。

マイスタイルは日本ダービーで4着に健闘しましたが
神戸新聞杯で惨敗している分、警戒する陣営も少ないでしょう。

逃げる事が予想されているウインガナドルとアダムバローズ
がどんな出方をするかは分かりませんが、2頭が競り合ってハイペースになれば、
3,4番手で実質の逃げ馬としてレースをすればいいですし

落ち着いた流れのスローペースになれば
マイスタイルが最も得意とする展開になるので
日本ダービーや弥生賞と同等のパフォーマンスを見せられます。

日本ダービーで負けた上位3頭が今回は存在しない訳ですから
マイスタイルが穴を開ける可能性は十分にある訳です。

 

以上、2つの理由から

2017菊花賞で
私が期待出来る穴馬だと思っている馬は

マイスタイル

という結論になります。

 

今年の菊花賞は自信の本命馬がいるので
マイスタイルは本命にはしませんが
私が本命にする予定の馬がいなければ
マイスタイルが本命でもいいと思っています。

確固たる中心馬が不在の2017菊花賞が
どのような流れのレースになるのか?

マイスタイルに向く流れになるのか?

注目ですね。

 

 

2017菊花賞で私が注目している穴馬はマイスタイルですが
馬券を買わない馬についてはブログランキングで公表しています。

私が買わない馬はこの馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。