2017神戸新聞杯枠順確定、有利な枠順に入った馬はどの馬?

Pocket

2017神戸新聞杯の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去行われた神戸新聞杯での傾向を分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、秋華賞でのディアドラの騎手がルメールになったという事で
面白くなったなと思っているMOTOです。

一瞬だけ「岩田君、降ろされちゃった?」と思いましたが
岩田騎手にはなんといってもファンディーナというお手馬がいますからね。

まあ、客観的にみてファンディーナを選ぶというのは
真っ当な選択なのではないかと思いますが
ディアドラの近2走のパフォーマンス
そして、オークスでのパフォーマンスを見ていると
もしかしたらディアドラの方が将来性があるかもしれない

と思ったりもします。

見せた来た競馬の内容や持っている絶対能力でいえば
ファンディーナの方が上なのでしょうが
同時に弱点も見せていますからね。

この2択は非常に興味深いものがありますよね。

ディアドラもファンディーナも秋華賞では人気になるでしょうし
実際に勝つ可能性を十分に持った馬ですから
枠順を含めて、この2頭には注目が必要だなと思いますね。

ただ、私は秋華賞の本命はファンディーナやディアドラには打ちません。

見解は秋華賞の週までお待ちください。

 

さて、今週のメインレースは菊花賞トライアルの神戸新聞杯ですが
気になる枠順の方が決定しましたね。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず神戸新聞杯(阪神芝2400m)の過去10年のデータから特徴を見ていくと

・外枠が有利

・上がり3ハロンの勝負になる

という特徴があります。

これらをまとめていうと

広々としたコースでのびのび走れるので
脚質とか展開とか関係なくて、能力の高い馬が上位にくる

という事になります。

当日は天候も晴れという事で過去の傾向通り
神戸新聞杯は純粋な能力勝負となりそうです。

ただ、こんな事を言ってしまうと
身も蓋もないので有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

ダービーを制して、圧倒的1番人気に予想される

5枠8番 レイデオロ

はいい枠を引き当てました。

能力を発揮できる舞台なだけに
不利が考えられる極端な内枠は避けたかったところですし
後入れの偶数枠は願ったりといったところでしょう。

ある程度、不利な条件でも地力の違いでなんとかしそうな感じもあるだけに
いよいよ欠点らしい欠点はなくなってきました。
あとは藤沢厩舎特有の緩い仕上げでポカすることを期待するしかありませんね。

 

レイデオロが好枠を引き当てる中
2番人気と3番人気が予想されそうな

2枠2番 サトノアーサー

4枠5番 キセキ

は良くない枠に入ってしまいました。

2頭ともここ最近の競馬を見ていると
最後方近くまで馬を下げて“後方ズドン”のレースを行っているので
内枠が致命的な不利になることはないかもしれませんが
のびのびと走れなくなる可能性がある内枠はプラスとは言えません。

 

サトノアーサー、キセキと人気を分け合いそうな

7枠11番 カデナ

は良い枠を引くことが出来ました。

弥生賞は超スローペースから大外を一気差し
というような競馬だったので
揉まれずに競馬が出来る外枠を引き当てたのはプラスと言えます。

 

レイデオロ、サトノアーサー、キセキ、カデナと
上位4番人気を占めそうな馬は全て追い込み馬です。

皐月賞3着馬であり、前で競馬が出来る器用さを持った

3枠3番 ダンビュライト

は悪くない枠に入りました。

ダンビュライトは上位4頭とは違って
スタミナやパワーを活かして競馬をしたいタイプなので
末脚比べになるとどうしても一歩劣ります。

ですので、距離ロスのないコースを通って
早めのロングスパートみたいな競馬が出来そうな
内枠はダンビュライトにとってはプラスです。

 

もう1頭、日本ダービーで4着に入った

6枠9番 マイスタイル

はもう少し内枠の方が良かったかなというところでしょう。

後方に控えた皐月賞では惨敗して
逃げた弥生賞と日本ダービーでは好走したことから
横山典弘騎手を含めたマイスタイル陣営は
戦法を逃げで固定すると思われますので
アダムバローズよりは内を引いておきたかったというのは本音でしょう。

 

青葉賞3着の

8枠14番 アドマイヤウィナー

は痛恨の大外枠に入ってしまいました。

アドマイヤウィナーは体力で勝負するタイプの馬なので
外枠で揉まれず競馬をして、捲り気味に上がっていく形があっていますが
今回のメンバーで外からの差し比べをするのは厳しいので
楽に先団を伺える内目の枠に入れれば良かったですね。

ただ、最初の直線に入る前に先手を取ってしまえば
思うようなレースが出来るかもしれませんが
秋山騎手がどういった選択肢をとるのか注目です。

 

まとめ

2017神戸新聞杯で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠8番 レイデオロ

7枠11番 カデナ

3枠3番 ダンビュライト

この3頭を挙げたいと思います。

今回は枠順確定後における有利不利について話をしましたが
冒頭でも話した通り、能力勝負になりやすい神戸新聞杯なので
枠順はそれほど深く考えなくても良さそうです。

「ここまで話しておいて、なんだよオイ!!」

という言葉が聞こえてきそうですが
参考として検討の一つに入れて頂ければと思います。

 

私が2017神戸新聞杯で注目している馬は
なんだかんだで絶対に外せない

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。