2017セントライト記念枠順確定、大雨の不良馬場をこなせる馬は?

Pocket

2017セントライト記念の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
馬場悪化で恩恵を受けそうな馬や苦戦しそうな馬の予想
について分析をしながら、
セントライト記念で最も有利にレースを進められそうな馬
に話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

をというテーマを軸にレースの流れなども話せたらと思います。

 

どうも、MOTOです。

金曜日にヤフーニュースに載っていましたが
ワイドショーで長嶋一茂さんが

「まぁとにかく、広島がマジック1、ソフトバンクがマジック1なのでね、
北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うなと、ハイ」

とコメントしたことが話題になっていましたね。

まあ言い方はメチャクチャですし、問題があると思いますが
なんか言わんとしている事はわかるような気がします。

ポイントは

「今私たちが騒いでもどうにも動かせない事案である」

という事だと思います。

自分で動かせないことで、かつまだ確定していない未来に対して
ビクビク怯えても何も生まれてこないので
それであればちゃんと選挙に行くとか
各政党が北朝鮮に対してどういう対応を取ると主張をしているのかを調べるとか
やれることはあるので、やれることをやって胸を張って過ごせばいいのかなと思います。

 

という事で、国際状況は色々と大変ではありますが
2017セントライト記念の予想もしっかりとやっていきましょう。

土曜日に枠順が確定しましたので、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想を基に
セントライト記念最も有利にレースを進められそうな馬
を分析して導いていきたいと思います。

最初に触れなくてはいけないのは台風の影響で
悪い馬場状況の中でのレースが想定されるという点です。

もともとセントライト記念の舞台である中山芝2200mは
パワー・スタミナといったタフさが問われるレースになりますが
馬場が悪くなればなるほど、タフさがより必要になりそうです。

セントライト記念の過去10年のデータを見てみると

・先行馬が有利

・馬格の大きいパワー型が強い

という特徴があります。

今年は馬場状態が悪くなることが予想されるので
上の2つの特徴をさらにデフォルメした状態で見ていきたいと思います。

 

まず、1番人気が濃厚である

4枠7番 アルアイン

はまずまずの枠順に収まったと言えます。

近走では常に5番手以内でレースをしている先行力のある馬なので
中の枠を引けたことはプラス材料だと言えます。

欲を言えば偶数枠の方が良かったと言えますが
極端な枠を引くよりは百倍いいでしょう。

重馬場の巧拙に関しても500万条件の千両賞を勝っており問題ないレベルだと言えます。

ちなみにシンザン記念では重馬場で敗れていますが
このレースは内に閉じ込められて、どうにも出来ないレースだったので参考外です。
(シンザン記念でも一瞬、伸びていましたしね)

人気は予想されますが、馬場を理由に無下にはできない馬です。

 

京都新聞杯2着の実績がある

2枠2番 サトノクロニクル

は難しい競馬になりそうな枠に入りました。

中山芝2200mは4走前の水仙賞で出走経験があり
サトノクロニクル自身もスタミナのある馬なので
距離はこなせると思いますが
勝負所での反応が鈍い馬なので内から抜け出すよりも
外に持ち出して伸びた方が良いタイプなのは間違いありません。

重馬場に関しては未知数で、走りの内容からもちょっと判断がつきません。

伸るか反るかの結果になりそうです。

 

皐月賞で4着に入った

3枠4番 クリンチャー

は良い枠を引いたと言えます。

先行力のある馬ですから、内目の偶数枠は理想と言えますね。

ただ、重馬場の巧拙については正直期待はできません。

重馬場で行われたデビュー戦では12着に敗れていますし
アグネスタキオン系の血統なので、馬力があるようにも見えません。

枠順は良いので、どこまで馬場をこなすかで着順が変わってきそうです。

 

ここから一気に実績が下がりますが
重馬場・不良馬場が得意なステイゴールド産駒2頭

8枠14番 クレッシェンドラヴ

8枠15番 スティッフェリオ

は揃って外枠に入りました。

馬場をこなすことは出来そうな2頭ですが
外目の枠から常に外を回ってレースをしなくてはいけない点は不利な材料です。

クレッシェンドラヴについては500万条件も勝てていないので
その馬が外を回るロスを被ってまで馬券に絡めるのかどうか

このあたりは外差し有利な展開になると読むかどうかで結果が変わってきそうです。

 

スプリングステークス3着の

5枠9番 プラチナヴォイス

は真ん中の枠に入りました。

先行力のある一方で、末脚の切れがない馬なので
距離ロスを被りづらい、真ん中の枠で自由に競馬が出来そうな
枠順に収まったことはプラスだと言えます。

重馬場のきさらぎ賞4着、エンパイアメーカー産駒
という事を考えれば、重馬場は無難にこなせそうで
恵まれた条件で出走できる1頭だと言えます。

 

ディープインパクト産駒の

4枠6番 サーレンブラント

は枠順はいいところに収まったと言えますが
ディープ産駒らしい末脚を武器にする馬なので
馬場悪化はマイナス材料だと言えます。

 

ディープインパクト産駒の子供であるトーセンホマレボシ産駒の

3枠5番 ミッキースワロー

は後方からレースをするタイプの馬なので
もう少し外目の枠を引きたかったというのが本音でしょう。

ただ、ディープから瞬発力を取った父トーセンホマレボシに
母父ジャングルポケットという事を考えると
血統的には時計がかかった方が持ち味を発揮しそうで
枠順はマイナスだけれども、馬場はプラスという感じですね。

 

前走初めての芝で勝利した

1枠1番 サンシロウ

は重馬場に強い父ネオユニヴァースと母父ラムタラという血統から
重馬場はこなしてきそうです。

あとは柴田善騎手が1枠1番を有効に使えるかどうかですね。

 

前走500万を勝った組の

6枠10番 サンデームーティエ

7枠12番 ローリングタワー

この2頭の比較ではローリングタワーの方が馬場適性はあります。

ただ、サンデームーティエは逃げ馬なので
展開がハマった時の怖さは持っていますね。

 

まとめ

2017セントライト記念で条件が合いそうな馬は

4枠7番 アルアイン

5枠9番 プラチナヴォイス

この2頭を挙げたいと思います。

 

有力馬についての枠順確定後、そして馬場への対応に対する見解は以上の形となります。

今回のセントライト記念の見解は予想の一つの要素として
検討材料として加えながら、予想に役立てて下さい。

 

2017セントライト記念で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ローズS(G2)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/2 小倉11R  2万0800円的中
8/27 新潟2歳S 4万9030円的中
8/26 新潟JS  2万9860円的中
8/19 小倉9R 4万7420円的中

ローズSの鉄板3点勝負を見る

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。