【2017宝塚記念】枠順確定後の展開・馬場予想と有利不利を受ける馬

Pocket

ここでは2017宝塚記念の枠順が発表された事をうけて
どのような展開が予想されるのか?
有利にレースを運べそうな馬、不利な条件でのレースを強いられそうな馬など
枠順確定後の雑感を話していきたいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

宝塚記念の枠順が発表されましたね。

この枠順確定による展開予想や有利不利、
当日の天候による馬場の得手不得手などについて
話をしていきたいと思います。

まず大注目の キタサンブラック は8枠10番に入りました。

宝塚記念で成績の良い8枠にキタサンブラックが入ったことで

「キタサンブラックがこの枠に入れば勝利は確定だ」

というような声がチラホラと聞こえてきますが
実際問題、外枠に入ってプラスになることはありません。

キタサンブラックは逃げもしくは番手で競馬をする訳ですから
結局前に行きたいわけです。

阪神芝2200m戦はスタート地点から第一コーナーまでの距離が長いため
そこで先手を取ってしまえば、結局経済コースを回ってくるわけですし
番手で競馬をするとなると1頭分外を回らされる可能性が出てくるので
そうなってしまうとその分だけスタミナをロスします。

もちろん外枠を大きなマイナスに考える必要はありませんが
プラス要素は0と考えていいでしょう。

むしろ外枠で恩恵を受けそうなのは サトノクラウン です。

サトノクラウンは気難しさを持った馬です。

難しさを持っているがゆえに馬群に入って揉まれることは
サトノクラウンにとって大きなストレス要因となるので
多少のコースロスがあろうが、自分の力を100%出せる確率が上がる大外枠は歓迎です。

大阪杯からの間隔も空いていますし、11頭と少頭数の競馬とあれば
ハイランドリールを破った香港ヴァーズのようなパフォーマンスも期待できます。

デムーロ騎手が外を回りながらキタサンブラックの様子を見て
仕掛けるようなレースをすると怖い1頭ですね。

サトノクラウンと似た見解になりますが、

6枠6番に入った シャケトラ もいい枠だと言えます。

この馬も天皇賞春で最内枠から馬群に揉まれ
掛かり通しだった天皇賞春と比べると
格段にレースをしやすくなるでしょう。

大幅な距離短縮となる点、天皇賞で前に行って失敗した点を考えると
今回のレースのシャケトラは後ろで競馬をしそうですね。

内枠の方へ目を向けてみると

2枠2番に入った ゴールドアクター

は何かを仕掛けてきそうな気がします。

ずっと先行策を取っていたゴールドアクターが
天皇賞春ではスタートで後手を踏んだとはいえ
後方からレースをしてそのままレースに参加できなかったので
キタサンブラック以外にこれといった先行馬がいない今回は
ゴールドアクターが逃げるというパターンが考えられます。

人気が落ちて気楽に乗れる立場での横山典弘騎手は怖いですね。

1枠1番の ミッキーロケット は大阪杯同様の最内枠

大阪杯が出遅れて競馬にならなかったので
今回はスタートが決められるかどうかがポイントとなります。

きっちりスタートを決められるようなら
今回は前に行って経済コースを取るような競馬をしそうでプラスだと言えます。

5枠5番の シュヴァルグラン 

は天皇賞春で奇襲ともいえる先行策をとりましたが
今回は距離の大幅な短縮もあり、後方からの競馬になりそうなので、
枠順の有利不利は特に関係なさそうです。

7枠8番の ミッキークイーン 

は特に枠順は関係ないタイプですが
小柄な馬なので、揉まれづらい今回の枠は悪くありません。

とここまでは枠順決定後の見解について話をしてきましたが
今度は重馬場適性や当日の有利不利が起こる可能性について話をしていきます。

土曜日、日曜日の天気予報を見てみると
宝塚記念が良馬場で行われる可能性は低そうです。

では、馬場が悪くなって一番有利な馬はどの馬かというと

ズバリ サトノクラウン です。

昨年のぐちゃぐちゃな馬場で行われた京都記念で圧勝したように
2017宝塚記念に出走するメンバーで一番重馬場適性があります。

大外枠なので、馬場の影響を受ける可能性は低く
枠順も馬場も味方に出来そうな状態ですね。

条件面を見ているとサトノクラウンは外せない存在かなと思います。

気になるキタサンブラックの重馬場適性ですが、正直分かりません。

今まで重馬場での出走歴はなく稍重を2回経験しただけ
キタサンブラックの武器が豊富なスタミナであるうことを考えれば
それほど重馬場を苦手にするとは思えませんが
恐らく1倍台前半になるであろうキタサンブラックにとって
不安定な要素があるのは良い事ではありません。

良馬場に近い状態で出走したいというのが本音でしょう。

また馬場が悪くなってくると内に入った馬に不利に働く可能性があります。

宝塚記念の舞台である阪神芝2200mは直線を2回通るので
雨で荒れた内を通らなくてはいけないとなると
消耗度合いは高くなってくるでしょう。

ゴールドアクターやシュヴァルグラン、ミッキーロケットが
どういったコースを選択するのかは注目ですね。

単純な重馬場の巧拙だけでいえば

ゴールドアクター、ミッキークイーン、ミッキーロケット は巧い

シャケトラ、シュヴァルグラン、レインボーライン は普通にこなせる

といったところですね。

2017年の宝塚記念は少頭数なので
枠順を大きく気にする必要はありませんが
馬場を気にする必要がありそうなレースですね。

それでは、宝塚記念頑張りましょう!

 

2017宝塚記念で注目している馬は
ここで持ち味を発揮しそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っており、2017収支は150%超えです。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズの締めくくりとなるグランプリレース。今年はファン投票上位組みからの不参加が多く、レースレベルに疑問が残るが、何といっても主役は大阪杯・天皇賞(春)と2連勝中のキタサンブラックだ。

今年、GIへの昇格になった大阪杯から天皇賞(春)、宝塚記念のGI3レースを全て優勝した場合、2億円が報奨金として交付される。その権利を持っているのがキタサンブラック。今年は早くから大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念へのローテを表明し、本気で3連勝を狙っていた。新設GIの大阪杯を勝ったことにより、愛チャンピオンS(9/9アイルランド・レパーウタウン競馬場・芝2000M)への優先出走権が与えられた。秋は凱旋門賞への参戦も視野に入れているが、その前にアイルランドに遠征する可能性もある。

当然、春の集大成として抜かりのない仕上げで送り出してくるが、実はキタサンブラック陣営が恐れている穴馬の存在を独占スクープ。最大のライバルであるサトノダイヤモンドは早々と回避。もはやキタサンブラックの天下かと思われたが、一部トレセン内でも噂になっている人気薄になるであろう、激走情報馬が1強崩しに燃えている。

昨年は6人気マリアライトが勝利、15年は6人気ラブリーデイが1着、10人気デニムアンドルビーが2着、11人気ショウナンパンドラが3着し50万馬券となった。14年にも9人気カレンミロティックが2着、8人気ヴォルシーナ3着と人気薄が馬券圏に入り25万馬券。ここ10年でも3連単は全て万馬券以上と人気馬での決着はなし。

今年は断然人気のキタサンブラックがいるが、競馬セブンが入手している激走情報馬が馬券に絡めばキタサンブラックが相手でも万馬券濃厚!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。