【2017ラジオNIKKEI賞予想】サトノクロニクルは危険な人気馬?勝率分析

Pocket

2017ラジオNIKKEI賞で人気が予想される
サトノクロニクルが危険な人気馬となってしまう可能性
勝率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

日本ダービーは皐月賞で5,6着に負けた
レイデオロ、スワーヴリチャードが1,2着と巻き返しました。

皐月賞で負けた組が巻き返したという事は
皐月賞で上位に入った馬達と力の差がなかったという事もありますが
別路線から日本ダービーに挑んだ馬達が活躍できなかったという事でもあります。

青葉賞を勝ったアドミラブルは能力を見せましたが
京都新聞杯で1着となったプラチナムバレットは故障により出走できず。

その点も日本ダービーの結果に影響を及ぼしたと言えるでしょう。

そのプラチナムバレットよりも高いパフォーマンスを
京都新聞杯で見せた馬が出走してきます。

 

その馬の名前は

サトノクロニクル

です。

 

サトノクロニクルはデビューから5戦をしていますが
トータルでの成績が 【2.3.0.0】 と
全てのレースにおいて連対をしている安定感を持った馬です。

京都新聞杯で2着となったため、
ダービーには出走できなかったサトノクロニクルですが、
前走の白百合ステークスでは人気に応えて完勝

この実績から2017ラジオNIKKEI賞でも
かなりの人気になることが予想されますが
果たしてサトノクロニクルはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私は

サトノクロニクルは今回人気ほどの信頼感がない

という見解を持っています。

 

デビューから5戦続けて連対を確保している上に
全てのレースで1番人気のその素質を高く評価されているサトノクロニクルが
なぜ2017ラジオNIKKEI賞では人気ほどの信頼感がないのか

その理由を説明していきたいと思います。

福島競馬場の小回りコースが合わないであろう点

サトノクロニクルの過去のレースを見てみると
エンジンのかかりが遅く、かなり不器用なタイプである事が分かります。

2走前の京都新聞杯では道中4番手と好位につけていたものの
直線に入り勝負所での反応が悪く
同じ位置にいた他の馬にいったん前に出られてしまいました。

地力で巻き返して2着まで上がってきたものの
反応の悪さが目立った1戦となりました。

次に3走前の水仙賞の内容を振り返ってみると
超スローペースで逃げたイブキに対して
サトノクロニクルは道中7番手で追走。

超スローペースだったので、早めに仕掛けて
前を捕らえにいく競馬も出来たはずですが
4コーナーでの反応が悪く、ややポジションを下げてしまい
最後の直線で伸びてきたもののイブキに逃げ切られてしまいました。

こういった直線及び4コーナーでの反応が悪く不器用であるという点は
サトノクロニクルの個性であると言えますが
その個性がマイナスに働きそうなのが福島競馬場のコースです。

福島競馬場は日本で一番直線が短く
3コーナー過ぎで捲っていける反応の良さ・機動力を持っている馬が
好走するコースとなっています。

地力面では一歩上をいくサトノクロニクルですが、
今まで競馬をしてきた舞台はいずれも外回りコース

福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞においては
難しいレースを強いられる可能性が高いと言えます。

 

多頭数での競馬が予想される点

サトノクロニクルは素質の高さを買われている馬ですが
クラシック路線の裏街道を進んできました。

裏街道を進むと言うことは少頭数での競馬が多いという事になります。

サトノクロニクルが走った全5戦の頭数を見てみると

白百合ステークス 7頭立て
京都新聞杯 12頭立て
水仙賞 10頭立て
未勝利戦 16頭立て
新馬戦 10頭立て

と未勝利戦以外は少頭数といえるメンバーでの競馬となっています。

今回のラジオNIKKEI賞は重賞という事に加えて
ローカル競馬場で行われるレースと言う事で
ここなら勝負になるかも…

と色気を持った馬達が出走するため頭数は増えてきます。

サトノクロニクルが不器用で立ち回りが上手くないという事を
話しましたが、少頭数でも不器用さが邪魔をして
勝ち味に遅い面を引き出しているのにも関わらず
今回は頭数が増えて、小回りコースとなると
サトノクロニクルの長所が消され、短所が目立ってしまう確率が上がります。

 

以上、2つの理由から

2017ラジオNIKKEI賞における

サトノクロニクルは今回人気ほどの信頼感がない

という結論に達します。

 

春シーズンでは表舞台に立つ事が出来なかったサトノクロニクル
この不利な条件でも勝つようであれば
菊花賞に向けて間違いなく一歩前進となります。

サトノクロニクルの弱点がここで露呈してしまうのか?
地力の高さとハーツクライ産駒特有の成長力を見せつけてくるのか?

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017ラジオNIKKEI賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 7/23まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

6/18 阪神7R 3万7530円的中
6/18 阪神12R 8120円的中
6/18 東京9R   8040円的中
6/17 東京11R 8720円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。