【2017CBC賞予想】メラグラーナの危険要素と好走の可能性について

Pocket

2017CBC賞で人気が予想される
メラグラーナについてCBC賞で好走できる可能性と
凡走してしまう危険要素について話をしていきます。

 

2017高松宮記念は上がり馬である
セイウンコウセイが勝利しましたが
その後函館スプリントステークスであっさりと負けているだけに
現在のスプリント路線で確固たる主役は存在しません。

昨年のCBC賞でレッドファルクスが勝利を収め
そのままの勢いでスプリンターズステークスをも勝利した事を考えると
今年のCBC賞を勝った時点で、即スプリンターズステークスの有力馬の一頭になる
といっても過言ではありません。

どの馬にもチャンスが与えられている
現在のスプリント路線の中でも

 

今年のCBC賞で人気になりそうなのが

メラグラーナ

です。

 

メラグラーナは昨年の夏からメキメキと力をつけて
今年の春に行われたオーシャンステークスは圧勝と
上がり馬として注目を浴びた馬ですが
前走の高松宮記念では3番人気に支持されながら10着に惨敗してしまいました。

一度はGIの壁に跳ね返されましたが
秋のスプリンターズステークスを狙うべく
メラグラーナがCBC賞で再び登場します。

春の実績から当然人気を背負うであろうメラグラーナの
期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

メラグラーナのここは買い

メラグラーナの最大の武器は「パワーのある末脚」です。

メラグラーナの血統を見てみると完全な外国血統で
サンデーサイレンスやキングマンボの血は入っていません。

デビューから2戦はダートを走ったように
パワーが優勢であることは使われ方からも明らかですし
実際のレースを見てみても、パワーが必要とされる中山芝1200mの重賞
オーシャンステークスを圧勝しており
メラグラーナは力の要る馬場でこそ本領を発揮することが分かります。

ここを踏まえてプラス要因を見ていきましょう。

 

高松宮記念からしっかりと休養できた点

前走の高松宮記念は3番人気に支持されたものの
10着と大敗してしまいました。

一番大きな敗因は何だったのかというと
「疲労」だと判断できます。

高松宮記念に出走する前の成績を見てみると

前走 オーシャンステークス ―8kg 1着
2走前 ラピスラズリステークス  ―10kg 1着

と2走続けて馬体を減らしながらも強い内容で勝利しました。

メラグラーナは牝馬ながら500kgを超える大型馬なので
マイナス体重自体はそれほどネガティブに捉える必要はありませんが
2走続けて10kg近く馬体を減らしながら
高いパフォーマンスを見せたことはマイナス要因となります。

高松宮記念では14kg馬体を戻してきましたが
オーシャンステークス、ラピスラズリステークスの
疲労を抜くことを重視して形上馬体を戻しただけだと判断できます。

今回は高松宮記念で14kg馬体を戻して
レースでは全く力を出せずに惨敗したので
疲労は残っておらず、余力がある状態で出走できます。

 

坂のある中京競馬場で行われる点

メラグラーナの武器はパワーであるという話をしましたが
裏を返すと軽い馬場でのスピード勝負では弱さを見せるという事です。

メラグラーナが過去に出走したレースで
直線が平坦であるコースの成績を見てみると

京都 清滝特別(1000万条件) 8着(4番人気)
京都 1000万条件 1着(3番人気)
京都 斑鳩特別(1600万条件) 5着(2番人気)
福島 さくらんぼ特別(1000万条件) 2着(4番人気)
京都 京阪杯(G3) 14着(1番人気)

と本来のメラグラーナの実力と比較すると冴えない成績で、
やはりスピード勝負には弱さを見せている事が分かります。

今回の舞台は中京です。

高松宮記念は相手レベルやメラグラーナ自身の調子もあり負けましたが
1000万条件で強い勝ち方をした舞台となります。

坂のある中京競馬場で行われているという点は
メラグラーナにとってプラスの要素であると言えます。

 

メラグラーナのここは危険材料

ここまでメラグラーナのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

開幕週で行われる競馬である点

プラス要因として坂のある中京競馬場でレースが出来る点を挙げましたが
CBC賞が行われるのは夏の中京開幕週です。

開幕週は前が止まらず、スピードがある馬が優位に立てるので
スピード勝負に脆さを見せるメラグラーナにとってはマイナス材料であると言えます。

 

気性が空回りすると全く走れない点

メラグラーナは気持ちに弱さを抱えた馬です。

気持ちが弱いと言える根拠はこれまでの成績にあります。

高松宮記念の惨敗については理由があるとしても
重馬場でのレースとなった京阪杯では1番人気を裏切って14着と惨敗しています。

闘争心のある馬だと負けるにしても自分の力を出すべく
一生懸命走るので、ここまでの惨敗はしづらいのですが
メラグラーナはあっさりとレースを諦めた事で14着と大敗しました。

また、準オープンのレースとなった心斎橋ステークスも
人気にこそ支持されなかったものの
先行しながら直線でズルズルと後退して14着惨敗

苦しくなってくるとすぐに諦めてしまうメラグラーナの
性格を表すような成績になっています。

今回のレースでも少しでも苦しいところを見せたときに
負けてしまう事が想定され、走ってみないと分からない不安定さがあります。

 

勢いがいったん止まった点

競走馬には「勢い」というものがあります。

人間でもそうですが、自分が波に乗っている時
絶好調時は持っている力以上を出すことが出来ます。

ラピスラズリステークス、オーシャンステークスと連勝した時の
メラグラーナの走りは相当に強い内容の競馬だったので
この2戦は絶好調期だった可能性があります。

CBC賞では疲労こそないものの
間隔を空けて改めての一戦となります。

メラグラーナが絶好調期明けで出走してきた場合は
春の2戦ほど強い内容の競馬を見せられない可能性があります。

 

以上が、2017CBC賞でメラグラーナが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

オーシャンステークスの強い競馬から
GI制覇に期待を持てる馬だと思いますが
今回のCBC賞でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか?

勝つにしても負けるにしてもメラグラーナの
レースぶりは注目が必要ですね。

 

2017CBC賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 7/23まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

6/18 阪神7R 3万7530円的中
6/18 阪神12R 8120円的中
6/18 東京9R   8040円的中
6/17 東京11R 8720円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。