【2017ユニコーンステークス予想】有力馬鳳雛組の買える買えないを評価

Pocket

2017ユニコーンステークス組で馬券の鍵を握るであろう
前走で鳳雛ステークスを使ってきた馬達
リヴェルティ、ウォーターマーズ、サンライズノヴァ、ブルベアバブーン
についてユニコーンステークスで馬券を買える存在なのか
もしくは馬券を買えない危険な存在なのかを評価しながら
話をしていきたいと思います。

 

毎年ユニコーンステークスには世代を代表するような
3歳ダート界のエース格が登場してきます。

しかし、2017年のユニコーンステークスに登録している
メンバーを見ていると、どの馬も一長一短で
3歳ダート界のエース級の馬は見当たりません。

実績から言えば、リエノテソーロが抜けた存在にはなっていますが
久々のダート戦ということで不動の中心という訳ではありません。

そこでここではユニコーンステークスの有力なトライアルとなっている
鳳雛ステークスに出走してきた馬について評価をしていき
ユニコーンステークスでの勝算と好走確率について話していきます。

鳳雛ステークスに出走していて、ユニコーンステークスに登録があるのは
リヴェルティ、ウォーターマーズ、サンライズノヴァ、ブルベアバブーンの4頭。

 

1頭ずつ見解を述べていきますが
まずは鳳雛ステークスがどういったレースだったかを確認していきます。

京都1800mのダート戦で
最初の1000m通過が1分01秒3

ペースとしては平均よりもやや速いくらいのペースでしたが
サンライズノヴァとメイショウラケーテが競り合った分
前に負荷のかかる競馬になりました。

その結果、メイショウラケーテは10着と最下位に敗れました。
メイショウラケーテが4番人気に支持されていた事を考えれば
単純に力がなくて負けた訳ではないと判断出来ます。

また、勝ったローズプリンスダムは2頭が競る流れを
3コーナー手前から進出して、自ら厳しい流れに身を突っ込んだうえに
勝ちきってしまったので、非常に強い内容であったと言えます。

そんな流れとなった鳳雛ステークスの2~5着馬を見て行きましょう。

 

2着 リヴェルティ

スタートしてからずっと4番手を走っていましたが
流れが激しくゴチャついた際にじっと動かず我慢をしていました。

3~4コーナーでポジションを下げたものの
激流に巻き込まれず、スタミナを温存出来たため
最後はじりじりと差してきて2着を確保

一番に評価すべきは鞍上の好判断で
このレースでリヴェルティの能力を見せつけた
というレースではありませんでした。

ちなみにリヴェルティの過去4戦を見てみると
デビュー後2連勝したヒヤシンスステークスで6番人気
実績の割に評価が低く、能力の裏付けはまだ取れてないとみるべきでしょう。

 

3着 ウォーターマーズ

ウォーターマーズは道中で最後方待機
前が崩れたら来るという乗り方をしていたので
注文通りに展開になって3着に乗じたという内容で
ウォーターマーズが強さを見せたとは判断しづらいレースでした。

鳳雛ステークスの1戦だけでは判断出来ないので
デビューしてからの6戦を見てみると
全てのレースで最後方から直線一気という競馬を見せています。

過去6戦で全て掲示板に入っているように
展開不問で差してくるタイプの馬であることが分かります。

自分でレースを作れるタイプではないので
この馬の強さというのは感じづらい点がありますが
展開さえ向けばユニコーンステークスでも上位に入る事は考えられますね。

 

4着 サンライズノヴァ

メイショウラケーテとほぼ同じ位置で展開的には苦しいレースを強いられましたが
0. 1秒差の4着は普通に評価をして良い内容だと判断します。

こちらも過去6戦のレースを振り返ってみます。
芝のレースだった若葉ステークスでは6着と敗れましたが
伏竜ステークスでの2着をはじめ条件戦では3戦2勝3着1回と安定した成績

オープンクラスで勝ち負け出来る能力がある事は成績からも分かります。

また、540kgを超える大型馬ですが
レースを使う度に馬体が減っている点は気になるところです。

近4走で24kg馬体を減らしているので
そろそろプラスの馬体重で出走したいところですね。
ユニコーンステークスもマイナス体重で出てくるようだと要注意です。

 

5着 ブルベアバブーン

鳳雛ステークスでは道中9番手でレースを進めて
最後の直線で脚を伸ばして5着に入った点から
展開に乗じたという事は間違いありません。

鳳雛ステークスのレースぶりだけでは判断が出来ないので
過去10戦の成績を踏まえて見てみると

2戦目の未勝利を勝った時の単勝オッズが169.5倍
4戦目のもちの木賞を勝った時の単勝オッズが44.3倍と
2走前の端午ステークスで2着に入ったときの単勝オッズが116.8倍

まったく評価されていない事が分かります。

後方待機の直線一気というレースしかしていないので
負けるときは派手に負けて人気を落とすタイプ

つまり、穴馬としては狙えるタイプである事が分かります。

ユニコーンステークスでも大穴を狙うのであれば
この馬を買っても良いと思いますが
確率の低い存在であることは間違いありません。

 

以上、鳳雛ステークスに出走した4頭をみていきました。

 

総合的な評価は以下の通りです。

安定感を買うなら  サンライズノヴァ

前崩れの展開に賭けるなら  ウォーターマーズ

大穴を狙いたいなら  ブルベアバブーン

馬券を買いづらい  リヴェルティ

という評価をします。

 

2017ユニコーンステークスで来ないと思っている馬は
ここで人気に支持されそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

カネヒキリ、ベストフォーリア、ノンコノユメなどが3歳時にユニコーンSを勝ち、後にGI馬となった出世レースでもある。

出走すれば人気になっていたエピカリスはアメリカクラシック3冠ベルモントSに参戦表明。変わりに注目されるのがNHKマイルC・2着のリエノテソーロだ。芝・ダート問わず走れる同馬だが、ダートでは2戦無敗と底を見せず。芝でもGIマイルで2着と力を見せたが、未知の魅力がある砂路線へ今後は進む予定。

その他では、UAEダービーでは惨敗したが、ヒヤシンスSではエピカリスと接戦したアディーラート。ダートでは2戦して無傷のサンライズソアなどが参戦予定となっている。断然人気が予想されるリエノテソーロ。NHKマイルCでは13人気とノーマークではあったが、競馬セブンでは「勝負になる」との関係者情報を入手し、馬連万馬券の立役者として取り上げていた1頭である。勿論、今回も同馬の内部関係者情報を入手済。馬券になる・ならないは競馬セブンにお任せ下さい。

さらに、競馬セブン情報班によると「激走必至の人気薄情報馬の存在」を極秘入手。波乱の立役者と成り得る裏情報を入手している。

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━