【2017ユニコーンステークス予想】リエノテソーロは危険な人気馬?勝率分析

Pocket

2017ユニコーンステークスで人気が予想される
リエノテソーロが危険な人気馬となってしまう可能性
勝率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

日本ダービーが終了して3歳馬の頂点が決定しましたが
ダート界の勢力図は未だに定まっていません。

3歳ナンバーワンと言われたエピカリスは
ドバイでのUAEダービーで2着したように地力は上位の存在ですが、
3歳の若い時期に過酷な海外遠征を経験したことで
今後、同じだけのパフォーマンスを見せられるかどうか定かではありません。

そんな中で3歳ダート界の頂点を狙えるポテンシャルを持った馬がいます。

 

その馬の名前は

リエノテソーロ

です。

 

リエノテソーロは2歳時に新馬とすずらん賞といった芝1200m戦を
連勝した後に北海道門別のエーデルワイス賞へ出走

ここで5馬身差の圧勝を飾ると続いて出走した
川崎の全日本2歳優駿も3馬身差の圧勝
名実共に2歳ダート王の座について馬です。

当然、リエノテソーロは3歳ダート王になる資格も備えた馬ですが
春は芝でのレースを選択。

アネモネステークスこそ4着に敗れましたが
NHKマイルカップで2着に入り
芝GI2着馬という実績を引き下げて再びダート戦に戻ってきます。

この実績から2017ユニコーンステークスでも
断然の人気になることが予想されますが
果たしてリエノテソーロはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

リエノテソーロは今回危険な人気馬である

です。

 

ダートは2戦して共に圧勝、芝でもGIで2着に入るだけの
高い能力を持ったリエノテソーロが
なぜユニコーンステークスでは危険な人気馬となってしまうのか

理由を説明していきたいと思います。

前走激走による疲労が心配である点

リエノテソーロはNHKマイルカップ出走時の馬体重は
アネモネステークスから-4kgとなる450kgでした。

人気薄の伏兵という立場ではありましたが
GIであるNHKマイルカップに出走するに当たって
かなり仕上げてきたはずです。

そのNHKマイルカップではただ1頭外から豪快に伸びて
アエロリットに迫り、上がり3Fはメンバー中最速の34.0秒

かなり激しいレースを経験してユニコーンステークスに出走となりますが
NHKマイルカップから空いている間隔は約1ヶ月

まだ疲労が抜け切れていないと見るのが適当な判断です。

疲労が抜けていないのであれば
当然、レースでのパフォーマンスを落ちるので
リエノテソーロ本来の力を出せない確率が高くなってきます。

 

ダート実績が過大評価されている点

前述した通りリエノテソーロのダート実績は

エーデルワイス賞 1着(5馬身差圧勝)
全日本2歳優駿(GI) 1着(3馬身差圧勝)

とGIを勝っているという事でかなり評価されています。

しかし、この評価は本当に正しいのでしょうか?

相手レベルを検証してみたいと思います。

全日本2歳優駿を2番人気で2着に入った
シゲルコングのその後の成績を見てみると

ヒヤシンスステークス 9着(9番人気)
昇竜ステークス 11着(5番人気)
伏竜ステークス 8着(7番人気)
兵庫チャンピオンシップ 5着(4番人気)

とGIを2番人気で2着に入った割にはさっぱりです。

全日本2歳優駿を3番人気で3着に入った
ローズジュレップのその後の成績を見てみると

京浜盃競走(大井) 4着(1番人気)
クラウンカップ(川崎) 1着(1番人気)

と地方のオープン馬という成績止まり。

エーデルワイス賞で2着に入ったアップトゥユー
3着に入ったピンクドッグウッドはその後の成績がパッとせず

と戦ってきた相手がかなり弱かったという事が分かります。

これらはリエノテソーロのダート能力は高くないと言う事にはなりませんが

リエノテソーロがダートで突き抜けた能力を持っている
という事にもなりません。

加えて言うとダートの一流馬は

馬体重が重い馬が強い

という原則があります。

フェブラリーステークスなどを見て貰うと分かりますが
大体の馬が500kgを超えています。

ダートを走るにはそれだけパワー(体の大きさ)が必要だという事ですね。

リエノテソーロの馬体重は450kg前後

やはり、現段階でダート馬として一流の資質を備えているかは
分からないと見るべきでしょう。

今回、戦う相手はオープン特別や500万で勝ってきた
骨っぽい相手が揃っています。

互角の能力、もしくは互角よりも少し上の能力を
リエノテソーロが持っていたとしても
ダート実績から人気に推される分。レースがしづらくなり
能力を十分に出せなくなる可能性があります。

 

以上、2つの理由から

2017ユニコーンステークスにおける

リエノテソーロは今回危険な人気馬である

という結論に達します。

 

前走のNHKマイルカップの走りは素晴らしかったリエノテソーロですが
ここでどんなレースを見せるか楽しみですね。

これだけの不安を抱えて好走するようなGIを狙えるだけの器を
備えたスーパーホースである可能性が出てきます。

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017ユニコーンステークスで来ないと思っている馬は
ここでも人気に支持されそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

カネヒキリ、ベストフォーリア、ノンコノユメなどが3歳時にユニコーンSを勝ち、後にGI馬となった出世レースでもある。

出走すれば人気になっていたエピカリスはアメリカクラシック3冠ベルモントSに参戦表明。変わりに注目されるのがNHKマイルC・2着のリエノテソーロだ。芝・ダート問わず走れる同馬だが、ダートでは2戦無敗と底を見せず。芝でもGIマイルで2着と力を見せたが、未知の魅力がある砂路線へ今後は進む予定。

その他では、UAEダービーでは惨敗したが、ヒヤシンスSではエピカリスと接戦したアディーラート。ダートでは2戦して無傷のサンライズソアなどが参戦予定となっている。断然人気が予想されるリエノテソーロ。NHKマイルCでは13人気とノーマークではあったが、競馬セブンでは「勝負になる」との関係者情報を入手し、馬連万馬券の立役者として取り上げていた1頭である。勿論、今回も同馬の内部関係者情報を入手済。馬券になる・ならないは競馬セブンにお任せ下さい。

さらに、競馬セブン情報班によると「激走必至の人気薄情報馬の存在」を極秘入手。波乱の立役者と成り得る裏情報を入手している。

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━