【2017エプソムカップ予想】アストラエンブレム重賞初勝利の可能性と危険性

Pocket

2017エプソムカップで人気が予想される
アストラエンブレムについてエプソムカップで
重賞初勝利を飾る可能性と凡走する危険性について
話をしていきます。

 

まだ宝塚記念を残すものの安田記念も終わり、
春のGIシーズンも一区切りしました。

ここからは秋に向けて飛躍を狙う馬達が
実績を積んでいくG3レースが続いてきます。

今週行われるエプソムカップでは
過去にルージュバック、エイシンヒカリ、ダークシャドウ、エイシンデピュティなど
GIでも上位人気に支持される馬を輩出しています。

毎日王冠と同じ東京芝1800mという舞台は
期待馬、素質馬が集まりやすい舞台なので
G3ながらも注目されるレースです。

 

そんなエプソムカップで人気になりそうなのが

アストラエンブレム

です。

 

2歳時からその能力を高く評価されていたアストラエンブレムですが
重賞での成績は京都金杯4着、ニュージーランドトロフィー4着、シンザン記念4着と
それなりに好走はしているものの馬券には絡めていません。

4度目の挑戦となるアストラエンブレムが
エプソムカップでは初重賞制覇を飾ることが出来るのか?
それともここでも重賞の壁にぶつかってしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

アストラエンブレムのここは買い

アストラエンブレムの最大の武器は「末脚の破壊力」です。

2走前に行われた大阪城ステークスでは上がり3ハロンのタイムが「32.8秒」
2着と敗れた前走のメイステークスでの上がり3ハロンのタイムが「33.1秒」
5走前に行われた古町特別での上がり3ハロンのタイムが「32.4秒」

とアストラエンブレムはスピードの活きるコースで
33秒を切るレベルの末脚を連発出来る馬です。

4着と負けた京都金杯でも外を回るロスがありながら
上がり3ハロン34.2秒と上位陣を上回る末脚をみせており

このパフォーマンスの高さから
脚を溜めて爆発力のある末脚で最後の直線に賭ける形が
アストラエンブレムの本質だと言えます。

実際に京都金杯ではエアスピネルやブラックスピネル、フィエロ
といった強豪馬を相手に1頭だけ違う脚色を見せて上がってきているので
上がりの脚だけならマイル路線のトップクラスとそん色がないと言えますし
瞬発力を活かせる展開になれば、間違いなく上位争いが出来ます。

 

近走のパフォーマンスがとにかく高い

アストラエンブレムの近5走を見てみると
3勝、2着1回、4着1回という成績となっていますが
負けたレースでアストラエンブレムは高いパフォーマンスを見せています。

前走のメイステークスが行われたときの東京競馬場は
前残り+内の馬しか伸びないような特殊馬場でした。

実際に勝ったタイセイサミットは4コーナー2番手からの押し切り勝ち
3着のクラリティスカイは4コーナー先頭からの粘り込みと
前にいった馬、内を通った馬だけでレースが決着していますが
その中でアストラエンブレムは中団から鋭く伸びてきました。

結果、馬場差などもありタイセイサミットに敗れましたが
内容だけを見ればアストラエンブレムが一枚以上上だった事は明らかです。

また、京都金杯に関してですが、
年明けの京都開催は毎年前残り+内伸びの馬場となっています。

勝ったエアスピネルは道中4番手で競馬をしており
馬場のいい内をしっかりと通って押し切りました。

2着のブラックスピネルは最内枠という絶好枠から
好位で脚をじっくりと溜めて、直線1頭分だけ外に出して伸びてくるという
100点満点の騎乗を見せました。

3着のフィエロも3枠5番という好枠から
ロスのないコース取りと良い馬場を通って競馬をしました。

アストラエンブレムはというと、開幕の京都競馬では
やってはいけないとされている後方待機から大外ぶん回しの競馬をしました。

普通であれば馬券圏内はおろか、掲示板にすら入ることの出来ない
ロスの多すぎる競馬でしたが、アストラエンブレムは直線で猛然と伸びてきて4着

最後は馬場差と距離ロスが響いて止まりましたが
内容としてはエアスピネルよりも上のパフォーマンスを見せたレースでした。

この負けた2戦は内容で言えばナンバーワンのパフォーマンスを見せており
着順では3勝、2着1回、4着1回ですが、中身は5連勝といえるほど
高いパフォーマンスを見せています。

エアスピネルと互角以上のパフォーマンスを見せられる馬は
今回のメンバーには見あたらず、現状地力がナンバーワンの存在だと言えます。

 

アストラエンブレムのここは危険材料

ここまでアストラエンブレムのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

常に展開に左右される馬であること

アストラエンブレムの持ち味は道中で脚を溜めての瞬発力な訳ですから
毎回かなり後方でレースを進める形での競馬になります。

ですので、前が残る流れになってしまえば
基本的に出番がなくなってきます。

人気がない状態で出走できれば、展開のハマり待ちというスタンスで
馬券を買う事が出来ますが、人気を背負っている場合は
リスクの高い存在になってしまいます。

1番人気に支持される形が濃厚な今回は
それだけで危険性が高いと言えます。

使い詰めによる疲労が心配

アストラエンブレムは今年既に3回レースを使っており
全てのレースにおいて高いパフォーマンスを見せています。

また前走のメイステークスは5月20日に行われたレースで
今回のエプソムカップに出走する上で1ヶ月も間隔が空いていません。

ですので、今まで蓄積した疲労が顕在化して
凡走をするというリスクは十分に考えられます。

 

以上が、2017エプソムカップでアストラエンブレムが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

末脚の素晴らしいダイワメジャー産駒という事で
ここを圧勝すれば、GI戦線に入ってくることが出来ます。

勝つにしても負けるにしてもアストラエンブレムの
レースぶりは注目が必要ですね。

 

2017エプソムカップで注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
エプソムC(G3)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━
5/28 日本ダービー1万1870円的中
5/28 京都11R 3万1280円的中
5/27 京都9R  1万7780円的中
5/20 東京8R  2万2340円的中
5/20 京都7R  1万6490円的中

エプソムCの3点勝負を見る方法

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。