【2017安田記念予想】アンビシャスは勝負になる?好走・凡走を占う

Pocket

2017安田記念に出走を決めた中距離の強豪
アンビシャスが安田記念で勝つことが出来るのか?
勝算について話をしました。

 

モーリスが現役を引退してからマイル界での絶対王者は不在となりました。

そんな中、是が非でもGIタイトルを獲りたいということで
安田記念に出走してくる馬がいます。

 

その馬が

アンビシャス

です。

 

アンビシャスは中山記念でドゥラメンテの2着
2016年の大阪杯ではキタサンブラックに土をつけるなど
GIタイトルこそないもののGI級の馬と互角に戦ってきた馬です。

そんなアンビシャスが新馬戦、千両賞以来
マイル戦に戻ってきます。

GIを獲るため、アンビシャスにGI馬にしたいがために
出走していることは容易に想像できるので
勝負気配はあると思いますが、果たしてアンビシャスは
安田記念で勝利することが出来るのでしょうか?

 

私は

「2017安田記念でアンビシャスは期待できる」

という見解を持っています。

 

なぜ、新馬戦、千両賞以来、マイル戦の出走歴がなく
東京芝マイル戦も始めてであるアンビシャスが
イスラボニータ、エアスピネルら強豪ひしめく安田記念で期待できるのか

その根拠について話をしていきたいと思います。

 

第一に、状態面が期待できるという点

2017年に入ってアンビシャスは2回競馬を使っていますが
どちらも不完全燃焼と言える内容の競馬で
アンビシャスの余力は十分に残されています。

2戦の競馬を振り返ってみます。

休み明け初戦となったのはG2中山記念
このレースでアンビシャスはリアルスティールと共に人気を集め
1番人気での出走となりました。

11頭立てと少頭数で行われた競馬でしたが
アンビシャスは後方9番手を追走して、直線では大外に回し
上がり最速の33.8秒という脚を繰り出すも4着

勝ったネオリアリズムは4コーナーで3番手
3着のロゴタイプは4コーナーで2番手から競馬をしており
完全な前残りの流れとなりました。

2着のサクラアンプルールはアンビシャスと同じような位置で競馬をしていましたが
直線で外に回さず、内を突いて距離ロスをなくしての競馬だったので
上位に食い込む事が出来ました。

この内容からアンビシャスは実力負けしたわけではありませんし
ほどよく負けたことから疲労を残さない競馬だった事が分かります。

休み明け2戦目となった前走のGI大阪杯
このレースも中山記念同様、前が残る競馬になりました。

1番人気のキタサンブラックは実力のある逃げ馬なので
展開不問の馬ですが、2着ステファノスは4コーナーで4番手
3着ヤマカツエースは差し馬の中では最も前に位置づけていた馬

アンビシャスは4コーナー13番手とレース結果から見ると
絶望的な位置にいて、勝負に参加する事が出来ませんでした。

勝負に参加出来なかった分、疲労を残さない内容になりましたし
アンビシャスの上がり3Fタイムはマカヒキやミッキーロケットを上回る
上がり最速の33.6秒とここでも末脚の鋭さを見せました。

中山記念、大阪杯と今年走った2戦を見ても分かるように
アンビシャスは展開が向かず負けているので
目一杯の競馬が出来ていません。

レースを使った反動の心配は必要なく
安田記念では持っている能力を発揮する事が期待されます。

 

第二に、1800m以下の方がパフォーマンスが高い点

アンビシャスのマイル経験は新馬戦と千両賞だけだという話をしましたが
アンビシャスのキャリアを見てみると
決して中距離馬と決めつけられません。

アンビシャスの能力が高いがために
強豪馬が集まるGI天皇賞や宝塚記念に出走しましたが
天皇賞秋では5着と4着、宝塚記念では16着と大敗しており
中距離GIではアンビシャス本来の走りが出来ていません。

逆に1800m戦の成績を見てみると

ラジオNIKKEI賞 1着
毎日王冠 2着
中山記念 2着
毎日杯 3着
共同通信杯 3着

と2000m戦と比較して安定感とパフォーマンスがワンランク上がります。

 

これらの成績から

アンビシャスの本質はマイラーで
適性距離は1600~1800mではないか

という仮説を立てる事が出来ます。

 

今回久々のマイル戦となり、距離短縮が心配されますが
不安よりも期待が大きいのは間違いないでしょう。

加えて東京芝1600m戦は持久力が問われる舞台で
ある程度のスタミナも必要となる流れになりやすいので
アンビシャスが中距離路線で培ってきたスタミナも活かす事が出来ます。

 

以上の2点から

「2017安田記念でアンビシャスは期待できる」

という結論に達します。

 

イスラボニータやエアスピネルといった純正マイラーや
サトノアラジンのような1400mにベストの適性を持つ馬などが
出走してくるので、激しいレースが期待できそうですね。

 

2017安田記念で注目している馬は
今回は特段の勝負気配を感じる

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

先週の日本ダービーは◎レイデオロ、▲スワーヴリチャードで馬連を的中

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

◆──────────────◆

★★★★★★★★★★★★★★★★

今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト
★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年3連単15万3560円決着!!

今年の安田記念(G1)も
激走必至の人気薄大ヤリ関西情報を
独占スクープ!!

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!

  ↓↓↓↓↓↓↓
先着100名様限定

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。
◆──────────────◆

今春も11週連続重賞的中!!

的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】だからこそ入手できる大ヤリ関西情報さえあれば、安田記念でも特大万馬券が狙える!!

———————-
安田記念は
アノ関西馬が波乱を演出
———————-

栗東関係者の間では…

\\\\\∨/////

アノ人気薄関西馬が
波乱を演出する!!

/////∧\\\\\

ともっぱら!!

一般の競馬ファンでは入手不可能な、オフレコ級の衝撃情報を入手しているチェックメイトに、2017年の安田記念もお任せください!

【!】2017年も毎週のように万馬券を連発!!

・05月20日(土)京都4R 3歳未勝利       2万8870円的中!
・05月13日(土)東京6R 3歳500万下       2万0600円的中!
・05月13日(土)京都12R 4歳以上1000万下    1万0190円的中!
・05月06日(土)京都11R 京都新聞杯       1万5190円的中!
・05月06日(土)東京8R 4歳以上1000万下    1万0990円的中!

その他、多数的中事例有り

的中馬券に直結する関西馬情報を専門に扱う【チェックメイト】でれば、

狙ったレースで特大万馬券を仕留める事は決して難しい事ではありません!!

◆──────────────◆

昨年3連単15万3560円決着!!

今年の安田記念(G1)も
激走必至の人気薄大ヤリ関西情報を
独占スクープ!!

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!

  ↓↓↓↓↓↓↓
先着100名様限定

◆──────────────◆