【2017平安ステークス】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017平安ステークス】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

ケイティブレイブ 2.9倍
グレンツェント 4.5倍
ピオネロ 4.7倍
ロンドンタウン 6.1倍
アスカノロマン 8.0倍
ロワジャルダン 11.3倍
ドリームキラリ 13.0倍
タガノゴールド 15.4倍
クリソライト 17.5倍
コパノチャーリー 20.1倍
リーゼントロック 21.7倍
ラストインパクト 川田 37.8倍
キョウエイギア 55.9倍

 

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

逃げてしぶとい ケイティブレイブ

既に地方重賞を4勝している通り、重い馬場に適性を持っている逃げ馬

トップクラスが集まったフェブラリーステークスでも6着に粘っているように
逃げ馬ながら直線でしぶとく粘れる脚質が特徴で
素軽さが求められるような競馬にならなかれば、この馬の地力がものをいいそうだ。

前走でまさかの大敗を喫した グレンツェント

フェブラリーステークスを回避して必勝態勢で臨んだ
アンタレスステークスではまさかの9着なった。

末脚はしっかりしているものの自分でレースを作る事が出来ない弱みを見せてしまった。
地力最上位なのは間違いないが、この敗戦で精神的にダメージを追うかどうかが焦点で
ここでも惨敗するようなら長いスランプ状態に突入してしまう。

グレンツェントとして、ここは負けられない1戦。

悲願の重賞制覇を狙う ピオネロ

ダート路線に転向してからは重賞2着を含めて【2.3.1.1】と堅実な成績を残している。

唯一の敗戦はG2東海ステークスとG3レベルならすぐにでも勝ち負け出来る存在で
芝のスピードが活かせる平坦コースは初重賞制覇の絶好機。

馬券圏内に走る確率は高く、ここは外すことが出来ないか。

交流重賞の雄 クリソライト 

前走はダイオライト記念を完勝、改めて地方場所での強さを証明した。

ただ、中央場所のスピードが必要なダートコースになると
スピード負けしてしまう馬で、この舞台でも走れるという確信はない。
人気なら敬遠したい馬だ。

アンタレスステークス2着の ロンドンタウン

今まで中央の重賞では善戦こそするものの馬券圏内に絡むことが出来なかったが
前走のアンタレスステークスでは内から差して2着に入ってきた。

パンチ力に欠ける面はあるが、徐々に力をつけてきており、
重賞勝ちもそれほど遠くない印象。

前走の反動さえ出なければ、今回も十分に上位に食い込める。

復活が待たれる アスカノロマン

今年は東海ステークスで凡走し、フェブラリーステークスも凡走
もう終わったと思わせながらもマーチステークス、アンタレスステークスと5着に入った。

全盛期の力からすると物足りない内容だが
今回は得意の京都コースでもう一歩前進が見込める。
能力からもここはきっちりと結果を出しておきたいところだ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ平安ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック