【2017京都新聞杯】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017京都新聞杯】

出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

インヴィクタ 4.3倍(プリンシパルSと両にらみ)
プラチナムバレット 浜中 6.8倍
ガンサリュート 9.8倍
サトノクロニクル 10.1倍
ゴールドハット 11.7倍
ミッキースワロー 13.4倍
ロードアルバータ 15.8倍
サトノリュウガ 16.9倍
ロッキーバローズ 20.9倍
ゴールドハット 25.1倍
ダノンディスタンス 18.3倍
カケルテソーロ 31.0倍
ダノンロマン 41.7倍
カケルテソーロ 56.6倍
ウインベラシアス 78.4倍

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

若葉ステークスで3着に敗れた インヴィクタ 

前走の若葉ステークスは差すも届かず3着
梅花賞で長い距離を経験した分、ゆったりしたレース運びになった印象で
今回再度の距離延長でさらなるパフォーマンスを見せられそう。

ハービンジャー産駒なので、外枠でゆったりと競馬をしたいところだ。

徐々に力をつけた プラチナムバレット 

12月にデビューした遅咲きの馬だが、徐々に力をつけてきて
前走は好位からの押し切り勝ちで500万条件を卒業

まだもっさりしたところはあるが、成長力に期待したい。

2連勝の ミッキースワロー

トーセンホマレボシ産駒に菊沢騎手という地味な組み合わせながらも
2000m以上のレースを連勝。

小雨で行われた中山でのレースと福島でのレースを勝ってきたように
まだ能力の証明は出来ておらず、ここは胸を借りる立場。
上がり最速を3連発しているように上がり勝負になってほしい。

ダービー出走へ勝負をかける サトノリュウガ

当初は弥生賞を使う予定であったが順調度を欠きここに標準を定めた。
レースを使えなかった事に加えて、久しぶりの競馬になることから
ここも苦戦が予想されるが、エアウインザーやプラチナムバレットを下した前走の走りが出来れば
あっと言わせるシーンは考えられる。

3戦全てに連対している サトノクロニクル

前走水仙賞では2着に敗れましたが
展開に負けた形で、決して悲観するような内容ではない。

まだまだ底が割れておらず、伸びしろはありそうで
ハーツクライ産駒の成長力も期待は出来そうだ。
人気先行気味の馬で買うタイミングが難しいが、侮れない1頭だ。

ルーラーシップ産駒の ダノンディスタンス

前走すみれステークスは5着とオープンクラスでも苦戦が続いている

近走は全て少頭数の競馬となっており、
今回多頭数でのレースとなると馬群を捌くのに苦労しそうだ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ京都新聞杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。