2017フローラS予想の肝|タガノアスワドのファンディーナ接戦は本物?

Pocket

2017フローラステークスで人気馬の一角を担いそうなタガノアスワド
このタガノアスワドの実力が果たして本物なのか
フローラステークスで買えるのかどうかについてお話をしていきます。
(1勝馬ゆえに抽選なので出走できない場合もありますが出走した体で話していきます)

 

前走のつばき賞ではファンディーナと1馬身3/4差という競馬をしました。
そして3着馬には7馬身の差をつけたという結果から
タガノアスワドは強い馬ではないかと評価を高めています。

ファンディーナは皐月賞では負けてしまったものの
今年の3歳牝馬世代でトップクラスの能力を持つ
という事に疑いはなく、このつばき賞をどう取るかで
フローラステークスでのタガノアスワドの評価が変わってきます。

 

私の見解は

「タガノアスワドのつばき賞は評価出来ない」

です。

 

なぜつばき賞でのタガノアスワドの走りが評価出来なかったのか
という事についてお話をしていきます。

 

タガノアスワドのつばき賞が評価出来ない理由は、
「展開がハマった内容だった」という点につきます。

前走は少頭数(9頭立て)の競馬ということもあり
かなりゆったりとしたペースで逃げを打つことが出来ました。

1000m通過タイムは1分4秒0

スピードコースとして知られる京都芝1800mとしては
異様ともいえるスローペースでした。

これだけペースが遅くなれば、逃げ馬が残るのは当然の結果です。

実際にタガノアスワドは上がり3Fを34.2秒という2位タイの脚で
まとめたことで2着を確保し、3着以下を大きく引き離したといえます。

つまりこのレースはタガノアスワドの実力で勝ち取った着順と言うよりも
展開の力が大きく左右したと判断する事が出来ます。

 

先ほど上がり3F2位タイの末脚を使ったという話をしましたが
上がり1位は勝ち馬のファンディーナです。

ファンディーナの上がり3Fタイムを見てみると33.0秒
実に1.2秒もの差をつけられ差しきられた訳です。

超スローペースの中、1頭だけ次元の違う末脚を見せた
ファンディーナは実力で勝ち取った勝利だと判断できますが
ファンディーナに上がりのタイムで1秒以上もの差をつけられたタガノアスワドは
2ランク以上格下であるという判断が出来ます。

 

つばき賞は評価出来ない内容でしたが、
タガノアスワドは新馬戦でも後続を3馬身引き離す圧勝劇を演じています。

この新馬戦の内容も含めてフローラステークスで
通用する素地が無いのか、という点についても話していきましょう。

 

私の見解は

「フローラステークスでは苦戦必至である」

というものです。

 

新馬戦の内容を振り返ってみると
中京芝2000mで重馬場の競馬でした。

1~3着馬の道中の位置取りを見てみると

1着 タガノアスワド 1-1-1
2着 ロッキーバローズ 3-3-3
3着 デザートスネーク 5-5-5

ロッキーバローズは3番人気の馬でしたが
デザートスネークは16番人気の馬
この結果を見る限り、完全に前が有利な展開だったと言えます。

タガノアスワドは展開に恵まれた上での勝利だったという事が言えますが
この馬の血統面を見てみると重馬場も恵まれたといえます。

タガノアスワドの父親はネオユニヴァース

サンデー系種牡馬の中でも、スピード感が無く
重たい走りをするのが特徴です。

代表産駒であるロジユニヴァースなどを見てみると分かりやすいと思います。

本質的に重馬場が向いているのかどうかは
個体によって変わってくるので重馬場が得意だとは断定は出来ませんが
少なくとも重馬場が得意である確率が高い血統背景にあるわけで
この好走は馬場にも恵まれたと判断できます。

 

展開に大きく恵まれたつばき賞

馬場と展開に恵まれた新馬戦

という2つのレースを見てみると
まだオープンクラスで戦えるだけの能力を証明していないと言えます。

加えて、今回のレースの舞台がスピードが問われる
開幕週の東京芝2000mであることをふまえると

タガノアスワドは

「フローラステークスでは苦戦必至である」

という結論に達します。

出来るだけ人気を吸って出走してきてほしいところですね。

 

2017フローラステークスで注目している馬は
強豪相手にキャリアを積んできた

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中!
回収率4000%の馬券で現時点での2017の収支は200%超えとなっております。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。