2017マイラーズC予想の肝|エアスピネル前走の負けをどう取るか?

Pocket

2017マイラーズカップで馬券の中心になるであろうエアスピネル
前走負けての出走となりますが、このエアスピネルの前走の負けを
どう考えればいいのかをお話していきます。

 

先週まで阪神競馬場でレースが行われていましたが
今週から京都に開催が戻り、マイラーズカップは京都競馬の
開幕週という状況の中でレースが行われます。

その中でイスラボニータと共に人気となるであろう馬が

エアスピネル です。

 

3歳には皐月賞4着、日本ダービー4着、菊花賞3着と
クラシック全てに出走して掲示板を確保

3歳世代のトップクラスとして走ってきた馬ですが
今年からマイル路線へ転戦してきました。

マイルへ路線参戦の初戦となった京都金杯は貫禄勝ちしましたが
2戦目となった東京新聞杯ではブラックスピネルに敗れて3着となりました。

この3着敗戦で「エアスピネル、大したことねーな」という声も聞こえてきますが

 

私の見解としては

“東京新聞杯の負けはプラス要素になる”

と見ています。

 

理由は2つあります。

 

1つ目は安田記念に向けたローテーションがかなりタイトであること

エアスピネルほどの実績を持っている馬であれば
年明けは京都金杯や東京新聞杯を使わず
マイラーズカップ(前哨戦)を叩いて安田記念に向かえばいい訳ですが
陣営は年明けに4戦するローテーションを選択しました。

賞金面などの問題があったのかもしれませんが
正直、エアスピネルにとってこのローテーションは厳しく
長い目で見ていくとプラスになりません。

この厳しいローテーションで1番人気1着での勝利を重ねていく
という事は毎回持っている力を出し切るという事になるので
確実にエアスピネルの心身を削ってしまいます。

 

前走は3着ながら人気面を加味すると凡走と言えます。

この凡走を1度挟んだ事で心身の消耗度合いを軽減して
マイラーズカップ、そして次走安田記念へのパフォーマンスアップに繋がります。

加えて、今回は休み明けということでフレッシュな状態での
出走が期待できるので、凡走した分と合わせて力を出せるでしょう。

 

2つ目は東京新聞杯のペースが特殊だったこと

エアスピネルの東京新聞杯は凡走だという話をしましたが
レースの流れも通常では見られないくらい特殊な流れでした。

東京新聞杯を逃げ勝ったブラックスピネルは
このレースで超スローペースを演出しました。

1000m通過タイムは1分2秒2
ブラックスピネル自身の上がり3Fのタイムは32.7秒

古馬のマイル重賞としては近年稀に見るスローペースでした。

 

このスローペースからの直線ヨーイドンという競馬が
エアスピネルには合っていません。

 

エアスピネルは立ち回りが上手な馬で
道中で好位を取り、反応の良さで早めに抜け出してそのまま押し切る
という機動力を最大の武器にした馬です。

そのエアスピネルが上がり32.7秒という
超速上がりのレースを強いられてしまうと
この馬の弱点が露呈してしまいます。

 

今回も頭数は少なく、ハイペースになりそうなメンバー構成ではありませんが
それでも前走ほどペースが遅くなる事がありません。

エアスピネルとしては格段にレースをしやすくなるはずです。

付け加えると、エアスピネル自身も上がり3位となる
32.3秒というタイムを叩き出しており
最も苦手な流れだったとは言え、一枚上の地力を証明する内容でした。

 

この凡走によるリフレッシュ効果と
流れ不向きながら能力を証明したことを踏まえると

“東京新聞杯の負けはプラス要素になる”

という結論に達します。

 

能力・状態・適性などを踏まえると馬券圏内に入ってくる可能性は高く
人気ではありますが、外せない存在となりそうです。

 

2017マイラーズカップで注目している馬は

この馬 →人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中!
回収率4000%の馬券で現時点での2017の収支は200%超えとなっております。