毎日杯、朝日CCの舞台|阪神芝1800メートルの特徴と攻略法

Pocket

阪神競馬場の中でも渋いと言われる重賞「毎日杯」「朝日CC」

この2つの重賞は芝1800mで実施されています。
GI、G2などの大きなレースは行われないこの舞台ですが
平場を含めると開催もかなり多く
攻略しておいて損のないコースなので
是非、阪神芝1800mの特徴を抑えて馬券攻略に生かしてください。

最初にラップタイムを見て展開の特徴を掴みましょう。

阪神芝1800mラップ別成績

スタートして早いタイムを刻みますが、3コーナー手前の
坂を登るところでペースダウンして4コーナーまでは遅めのラップ。
ラスト3ハロンに入ったところでペースアップするも
最後200m地点の坂で時計がかかるコース形態となっています。

続いて脚質別の成績です。

阪神芝1800m脚質別成績

差し馬が有利な舞台設定で、普段成績が悪い追い込み馬も
逃げ馬より良好な成績を残している点から
後ろから行く馬にアドバンテージのあるコースだという事です。

コース形態が登りを複数はさんでいることで
ラップタイムの緩急が出る点が前に行く馬には厳しいという事が分かります。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神芝1800m枠順別成績

1,3枠といった内枠が大苦戦している中、
6~8枠の外枠が高い勝率と回収率を残しています。

差し・追い込みが有利な舞台はこのような傾向が見受けられ
スタートからのポジション取りよりも
直線スムーズに伸びる事が重要視されます。

続いて、種牡馬別の成績

阪神芝1800m種牡馬別成績

1位ディープインパクト、2位キングカメハメハも
優秀な成績を収めていますが
マンハッタンカフェ、ハーツクライはより優秀な成績を残しています。

スピード馬でもパワーがあるタイプの産駒が走ります。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神芝1800m騎手別成績

勝ち鞍で好成績を残している騎手は回収率では優れず
回収率で好成績を残している騎手は勝ち鞍が伸びていないという状態

藤田伸二騎手、四位洋文騎手など古豪ベテラン騎手は注目しておきたいですね。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神芝1800m人気別成績

1~6番人気まで標準以上の成績を残しているので
比較的固い決着が多いといえます。
能力の高い馬が素直に実力を出せる舞台という事ですね。

以上が特徴となります。

まとめです。

阪神芝1800mは差し馬・追い込み馬が有利なコース設定で
枠順は外枠に入った馬を積極的に狙いたい。

スピードに特化した馬よりもパワーを兼ね備えた馬の方が成績が良く
人気サイドの能力が高い馬をきっちり拾いたいですね。

ここではコースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。