【2017京王杯スプリングカップ】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017京王杯スプリングカップ】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

レッドファルクス 3.1倍
サトノアラジン 3.7倍
トーキングドラム 幸 6.5倍
ブラヴィッシモ 9.1倍
グランシルク 10.2倍
ヒルノデイバロー 10.7倍
トーセンデューク 15.7倍
ダッシングブレイズ 内田 19.3倍
ダンツプリウス 20.6倍
クラレント 45.7倍
トウショウドラフタ 52.8倍
シュウジ (出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

高松宮記念は3着の レッドファルクス

高松宮記念は久しぶりの競馬だったが、健在ぶりを示す3着
昨秋は勢いで頂点まで到達したが、今年はレッドファルクスの本質が問われる年になりそうで
久しぶりの芝1400mは絶好の場となる。

ここを快勝するようであれば、安田記念でも十分に好走出来そうだ。

昨年のチャンピオン サトノアラジン

昨年は京王杯スプリングカップ、スワンステークスとマイルGIの前哨戦を快勝しながら
本番では結果を出す事が出来なかったサトノアラジン

能力の高さは既に証明済みで今年こそ念願のGI制覇をもくろむサトノアラジンにとって
前哨戦であるここでは無様な競馬は見せられない。

高松宮記念は惨敗した シュウジ

高松宮記念ではスタートダッシュから逃げをうった
シュウジだが結果は15着と大敗した。

昨年のスプリンターズステークスや阪神カップで見せた内容からも
これが実力負けでは無い事は間違いないが
阪急杯も惨敗しておりスランプ期に入った感が否めず苦戦は必至か。
(出走回避の予定)

阪急杯を勝った トーキングドラム

伏兵の立場でありながら阪急杯を勝ったトーキングドラム

もともと安定して走れなかった馬が
安定して走れるようになったのは大きい。

能力も発揮できるようになってきた今なら主力扱いでも好走出来る。

近走の充実ぶりが目立つ ブラヴィッシモ 

前走の大阪-ハンブルグカップでは1番人気に推されて2着

パンチ力の足りない馬だったが、近走は阪急杯4着、オーシャンステークス5着と
ここにきての充実ぶりが目立つ。

この勢いなら今回は互角に戦えそうだ。

重賞の壁をなかなか超えられない グランシルク 

前々走ニューイヤーステークスで2着に入っているように
オープン特別では常に勝ち負け出来るだけの力を持っており
重賞での通用する下地はある。

過去何度も重賞の壁に跳ね返されているがそろそろ壁を超えてもいい頃。

阪急杯2着の実績がある ヒルノデイバロー

後方から一気の末脚を武器にしている馬で
阪急杯は素晴らしい末脚を見せた。

前走の大阪-ハンブルグカップでは先行策を試みて結果が出なかったので
今回は再び末脚を溜める競馬で勝負してきそうだ。

念願のオープン入りを果たしたディープ産駒 トーセンデューク

前走で1600万条件を突破してオープン入りを果たしたトーセンデューク
成績を見てみると勝ちきれないレースを続けており
まだ本気を出して走っていない印象を受ける。

今回は一気の相手強化でこの馬の眠れる才能が開花してもおかしくない。
決して格下と侮ってはいけない馬だ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ京王杯スプリングカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック