2017日経賞で人気になるであろうシャケトラの危険度について

Pocket

今週は高松宮記念が行われますが
もう一つ注目の重賞「日経賞」が行われます。

有馬記念3着で昨年の覇者である ゴールドアクター
の存在は見逃せず、昨年よりも若干力が衰えているように見えますが
今回のメンバー、今回のコースならむげには出来ないというところです。

一方で注目されている上がり馬が シャケトラ です。

前々走1000万条件から一気にG2に挑戦して2着
しかも勝ち馬ミッキーロケットとマッチレースになったとおり
堂々とした内容の競馬でした。

この馬が勝つようならサトノダイヤモンド1強の様相を呈している
天皇賞春でもかなり面白い存在になると思います。

ですが、個人的にはこの馬は今回厳しいと思っています。

マンハッタンカフェ産駒でスタミナを武器とする軽いタイプの馬で
平坦外回りの京都コースはこの馬にとって得意な舞台でした。

今回は中山芝2500mというタフなコースでの競馬
パワーと重さが求められる競馬になり
前走からは格段に競馬がしづらくなるでしょう。

また間隔を空けての出走になるものの
前走はミッキーロケットとデットヒートを繰り広げており
日経新春杯の負担も小さくはなさそう

これらの不安要素を背負っているということが
好走するのは厳しいと見ている要因です。

ゴールドアクターは仕方がないにしても
シャケトラを外す事が出来れば
馬券的には少し様になってくるのかなと思っています。

ちなみに日経賞で注目しているのはこの馬です。

→ 人気競馬ブログランキングへ