【2017阪神大賞典】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017阪神大賞典】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
(有力馬次走情報を含む)

<出走予定馬&予想オッズ>

サトノダイヤモンド 1.3倍
シュヴァルグラン 5.7倍
タンタアレグリア 8.2倍
モンドインテロ 17.8倍
レーヴミストラル 18.4倍
ワンアンドオンリー 21.2倍
タマモベストプレイ 25.6倍
カレンミロティック 31.2倍
トーセンバジル 35.8倍
プレストウィック 103.5倍

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

菊花賞・有馬記念を連勝した サトノダイヤモンド 

昨年は春も素質を見せていたが、秋になって順調に成長
レースぶりに安定感が出てきてGI2勝を収めた。

スケールの大きさに加えて圧倒的なスタミナと従順な気性
少頭数でスローペースが予想される今回は不動の本命。

昨年の覇者 シュヴァルグラン

昨年は天皇賞春3着、ジャパンカップ3着ともう一歩のところまで駒を進めた。
こちらも抜群のスタミナを誇り、自在性を持っている。
昨年のこのレースを勝っているように、阪神芝3000mの適性は抜群で
有馬記念から間隔を空けて臨む今回は安定した走りが期待できる。

果たして大物食いを果たすことが出来るかどうか…

AJCC勝ちの タンタアレグリア

昨年の阪神大賞典ではシュヴァルグランの2着に入るなど
長距離重賞では安定した走りを見せる同馬だが
前走のAJCCでは休み明けをきっちり走ったことで反動はやや気になる。

4番手以下の馬とは力差がある分、馬券圏内に入る可能性は十分にあるが
今回最も期待値に合わない馬になる可能性は高い。
(出走回避)

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ阪神大賞典の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック