京都金杯と阪神カップ、マイルチャンピオンシップの関係性と好走法則

Pocket

いよいよ2017年の競馬がスタートとなります。

皮切りとなるのは京都金杯

このレースの前走出走レースの関係性から
このレースで好走する馬の法則を探っていきたいと思います。

まずは主な前走別成績を見てみると

     単回収 複回収 複勝率 頭数
阪神カップ 64% 138% 31.6% 19頭
マイルチャンピオン 30% 68% 33.3% 12頭
鳴尾記念 196% 92% 45.5% 11頭
キャピタルS 179% 137% 36.4% 11頭

主な臨戦は阪神カップとマイルチャンピオンシップなので
この2つのレースと京都金杯の関連性を見ていきながら
好走するのはどんな馬かを探っていきましょう。

まずは阪神カップからいきます。

パワーが重賞視される阪神カップ、スピードが重賞視される京都金杯
という形で特性が分かれている両レース

スピードを持ち合わせていない馬は京都金杯で好走出来ていません。
阪神カップで道中好位につけられるスピードがない馬は苦戦傾向にあります。

前走4角9番手以内という条件で絞ってみると

(単回収110%、複回収184% 複勝率45.5%) 11頭

全体的に数値がアップしてきます。

また重量級の馬はパワーに特化された馬が多く
軽量級の馬はスピードに特化された馬が多いので
体重は軽い方がいい成績を残しています。

馬体重499kg以下という条件を加えてみると

(単回収0%、複回収288% 複勝率66.7%) 6頭

高い複勝回収率を誇っています。

「パワー条件に出走していた、パワー型でない馬を狙う」

という形が基本になりますね。

次にマイルチャンピオンシップを見てみます。

こちらは京都金杯と同じコースになりますが
差しタイプの馬が優勢となっています。

前走4角8番手以下という条件で抽出してみると

(単回収60%、複回収105% 複勝率50%) 6頭

と成績が上がってきます。

マイルチャンピオンシップは差し馬が優勢なレース
レースで上位に入ってきた馬(能力上位の馬)はそのまま信頼出来るという事ですね。

同様の条件として上がりの速さが挙げられます。

後方から速い上がりを使った馬は地力上位と
位置づける事が出来るので好成績を出しています。

前走上がり3F5位以内という条件で抽出すると

(単回収90%、複回収157% 複勝率75%) 4頭

さらに信頼度アップ。

単純に地力上位の馬を買っていくといいという事ですね。

長くなってしまったので、最後に鳴尾記念を少々

このレースは阪神でのレースになるので
地力とスピード競馬への対応が好走の鍵となります。

斤量55.5kg以上の馬で抽出すると

(単回収308%、複回収145% 複勝率71.4%) 7頭

馬体重499kg以下の馬という条件を加えると

(単回収432%、複回収204% 複勝率100%) 5頭

となります。

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。