キタサンブラック、サトノダイヤモンド、この2強に死角はあるのか?【2016有馬記念】

Pocket

2016年の競馬もいよいよ今週で終わり

最後を飾るのは総決算

「グランプリ 有馬記念」

です。

年間でどれだけ負けていても
有馬記念さえ当てればそれで良し

という人がいるくらいのビッグレースですが
今年はこと的中だけで見れば難しくないレースです。

その理由は、今回人気を二分するとみられている
キタサンブラックとサトノダイヤモンドに死角が少ないからです。

キタサンブラック は自分でレースを作る事が出来る上に
宝塚記念で見せたように前に厳しい流れになっても
粘るだけのスタミナと精神力を持ち合わせています。

今回の有馬記念の舞台も合いますし
ローテーションも好感が持てます。

サトノダイヤモンド は素軽さを持っており脚質は自在
気性も従順で勝負所での反応も良く不利を受けづらい馬

タフな競馬になった場合に不安を露呈する可能性はあるので
今回の舞台はプラスとは言えませんが、菊花賞からの直行ローテで
余力タップリで臨むことが出来る点は好感が持てます。

となると頭に浮かぶのは

「キタサン-サトノの馬連1点勝負」

ですが、私としてはその馬券は買いたくないと思っています。

なぜかというと抜けた2強オッズになる事が予想されるからです。

抜けた2強オッズになるとお互いがお互いを意識して
相手を負かそうとするような競馬になる確率が高くなります。

するとサバイバルに負けた馬は他の馬以上に消耗する形になり
実力以上に着順を落とすことが出てきます。

2頭の馬連が何倍つくかによりますが
(馬連8倍くらいつくなら1点勝負でもいいかと…)
5倍以下になるなら、第3の馬を探したいと思っています。

では、第3の馬として狙える馬はどの馬か?

そのあたりの見解を動画で話しているので
有馬記念の予想をする前に確認して下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。