富士ステークスと京成杯オータムハンデ、ポートアイランドSの関係性について

Pocket

今週の東京重賞は富士ステークス

マイルチャンピオンシップを占う意味でも
しっかりと見ておかないといけないレースです。

このレースの馬券を的中すべく、前走成績から
好走している馬の特徴を確認していきましょう。

まず前走レース別の成績ですが

     単回収 複回収 複勝率 頭数
京成杯オータムH 46% 99% 26.1% 23頭
ポートアイランド 84% 83% 21.1% 19頭
安田記念 112% 47% 10.0% 10頭
毎日王冠 58% 25% 14.3% 7頭

となっています。

一番多いステップが京成杯AH、続いてポートアイランドSとなっているので
この2レースについて見ていきたいと思います。

富士ステークスはスピード重視のレースですので
瞬発力のあるタイプが活躍しています。

最近は差しが決まる傾向にある京成杯AH組ですが
以前は開幕週を武器に粘り混む馬が多いレースでした。

瞬発力の必要な舞台替わりという事で
前々で粘る馬よりも差してくる馬が有利

京成杯で上がり3F3位以内だった馬を抽出してみると

(単回収89%、複回収160% 複勝率41.7%) 12頭

と成績が上がります。

ちなみに4位以下は14頭いて2着1回のみ
複回収は30%以下と苦戦している事が分かります。

上がり3位以内でも最後方からレースを進めて
勝負が終わってから伸びてくるような馬もいるので
こういった馬を外していきます。

前走4角9番手以内という条件を加えると

(単回収152%、複回収222% 複勝率57.1%) 7頭

と信用に足りる成績になります。

ここにスピード能力の高い5歳以下という条件を加えると

(単回収214%、複回収312% 複勝率80%) 5頭

と率の方もかなり高くなるので
中団からしっかりと伸びてこられる差し馬を狙っていきましょう。

ポートアイランド組も簡単にみていきましょう。

こちらは阪神1600mのレースという事で
瞬発力を問われるコース形態

富士ステークスの好走タイプと強くリンクするので
瞬発力のある差し馬で条件を絞ってみましょう。

前走4角6番手以下という条件で抽出すると

(単回収134%、複回収99% 複勝率25%) 12頭

少しだけ成績が上がります。

あとはスピードのある5歳以下で絞ってみると

(単回収178%、複回収132% 複勝率33.3%) 9頭

更に成績が上がってきます。

最後の条件をもう一つ加えます。
ポートアイランドS組はオープンから重賞への格上げなので
まったくの凡走だと勝負になりません。

前走9着以内という条件を加えると

(単回収230%、複回収170% 複勝率42.9%) 7頭

十分に馬券を買える存在になります。

余談ですが、当日5番人気以内という条件が加わると

(単回収805%、複回収315% 複勝率100%) 2頭

となるので、このあたりも注目です。

かなり傾向の強い富士ステークスなので
この傾向にあった馬を探していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。