富士ステークスはディープインパクト産駒だけ買っていればいい?

Pocket

今週の東京重賞は富士ステークスです。

同週に菊花賞が行われるため
土曜日開催で非常に地味な存在のレースですが
過去の勝ち馬、連対馬を見ているといい馬が揃っています。

その中でも目を引くのはディープインパクト産駒

東京芝1600m戦は持久力も要求される事が多いため
意外にもディープ産駒の活躍はそれほどでもないのですが
こと富士ステークスに関してはディープ産駒が大暴れしています。

単勝50倍以下の馬で過去10年の集計をすると
複勝率60%とディープに逆らってはいけないというレースです。

そんな富士ステークスですが、今年の出走馬はどうなのか?
ディープが走る舞台という事はどういう特徴があるのか?

という事を動画で解説しています。

良かったら確認して下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。