セントウルステークスと北九州記念の関係性と好走の法則

Pocket

今週のメインレースはセントウルステークス

スプリンターズステークスを目標においた
重要なステップレースです。

このレースを当てるべく馬券のヒントを掴むために
前走別の内容なら好走している馬の
共通点を探っていきたいと思います。

まず主な前走別成績を見てみると

    単回収 複回収 複勝率 頭数
北九州記念 187% 83% 23.7% 38頭
キーンランド 0% 266% 20.0% 5頭
安田記念 0% 14% 14.3% 7頭
CBC賞 0% 41% 28.6% 7頭

と、北九州記念組が質・量共に圧倒的な成績を残しています。
逆に安田記念組は不振。

GI主役級の馬はステップレースという事で
目一杯の仕上げではなく結果を残せていないのに対して
夏場に使ってきた馬は全力投球での勝負で
結果を残せているという事が分かります。

今回は最重要ステップである北九州記念組から
好走している馬を探っていきます。

まずこのレースは夏場休んでいたGI級の馬が出走しているので
夏場のレベルの低いメンツだけで勝てるスケールの小ささでは
好走する事は出来ません。

馬格のある馬(460~519kg)で条件を絞ると

(単回収296%、複回収112% 複勝率33.3%) 24頭

と好走率は上がります。

この条件に実力を示す指標として前走9番人気以内という条件を加えると

(単回収323%、複回収123% 複勝率36.4%) 22頭

と更に好走率は上がります。

夏場を使ったアドバンデージだけでは通用せず
それなりの地力が必要である事が分かります。

またこのレースは3歳馬・牝馬が強いレースでもあります。

これらを示す指標、前走斤量55kg以下で抽出すると

(単回収462%、複回収180% 複勝率50%) 14頭

と更に信頼度が上がります。

特に牝馬だけで見てみると

(単回収500%、複回収200% 複勝率54.5%) 11頭

いかに牝馬が強いレースかという事が分かりますね。

逆に最初の馬体重云々を抜かして「牝馬」というだけでいてみると

(単回収279%、複回収129% 複勝率36.4%) 22頭

となります。

やはりただ牝馬というだけでは足りません。

牝馬にプラスする条件として先ほど挙げた条件を加えてみると

前走9番人気以内(単回収323%、複回収150% 複勝率42.1%) 19頭

前走斤量55kg以下(単回収341%、複回収158% 複勝率44.4%) 18頭

と地力が必要になる事が分かります。

上の条件に前走0.5秒差以内という事を加えると

(単回収410%、複回収190% 複勝率53.3%) 15頭

と信頼性がワンランク上がりますね。

夏を使ってきた馬+ある程度の地力+斤量の恩恵がある牝馬・3歳馬

3つのキーワードで予想していくと的中に近づきそうです。