小倉2歳ステークスはフェニックス賞組が好成績で新馬戦組は苦戦

Pocket

今週の重賞は小倉2歳ステークス

ローカル小倉の1200m戦に加えて
未完成の若駒達が集まるとあって
毎年レベル低い争いになりますが
このレースではどんな馬が活躍しているのかを
過去臨戦過程別成績から分析していきたいと思います。

まず主な前走別の成績ですが

   単回収 複回収 複勝率 頭数
未勝利 68% 71% 25.0% 24頭
新馬 20% 60% 22.0% 41頭
未勝利牝馬 45% 22% 12.5% 8頭
フェニックス賞 74% 88% 46.7% 15頭

新馬戦の成績が悪く、オープン特別であるフェニックス賞の成績が良いですね。

これは馬の地力・将来性よりも、現段階でのキャリア・完成度がものを言う
という事です。

この傾向を受けて、フェニックス賞と新馬戦の2つのレースについて
好走馬を絞っていきましょう。

まずはフェニックス賞ですが、現在の強さが問われるレースなので
このレースで好走した馬、つまり前走3着以内だった馬で抽出をかけると

(単回収92%、複回収110% 複勝率58.3%) 12頭

成績がアップしてきます。

また平坦小回りと先行有利が顕著な本コースにおいて
前に行ける馬、前走4角3番手以内という条件を加えてみると

(単回収111%、複回収132% 複勝率70%) 10頭

複勝率から見ても信頼できる軸馬になってきます。

フェニックス賞からは脚質と現在の完成度を測っていくと
的中に近づいていきます。

続いて、新馬戦経由の馬を見てみます。

いくら将来を問われていないレースとはいえ
重賞レースなので力の裏付けがない馬は不利です。

前走2番人気以下の馬の成績を見てみると

(単回収23%、複回収22% 複勝率10%) 20頭

壊滅的な成績になっています。

逆に前走1番人気の馬で見てみると

(単回収17%、複回収97% 複勝率33.3%) 21頭

と十分に馬券購入の対象になります。

この条件に脚質の要素、前走4角2番手以内という条件を加えると

(単回収21%、複回収110% 複勝率35.3%) 17頭

と複勝回収率が100%超えとなります。

この要素にパワー重視の機動力のない馬を除いてみます。

馬体重479kg以下の馬

(単回収40%、複回収152% 複勝率44.4%) 9頭

新馬戦経由の馬は地力を第一に考えて
脚質を第二に考えていくといいでしょう。

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。