新潟2歳ステークスで好走出来る新馬戦・ダリア賞の勝ち方とは?

Pocket

今週の重賞は新潟2歳ステークス

マイル戦になってからは素質豊かな馬が勝ち負けするレースですが
前走でどういったレースをした馬が活躍しているのか
を確認していきましょう。

まず、前走のレース別の成績を見てみると

   単回収 複回収 複勝率 頭数
新馬 86% 109% 27.4% 62頭
未勝利 44% 39% 15.0% 20頭
ダリア賞 20% 63% 16.7% 18頭

となっています。

オープン特別のダリア賞を使うよりも
新馬戦の成績が良いというのは特徴的ですね。

まずはダリア賞経由から分析してみましょう。

実力の証である人気面で振り分けます。
前走2番人気以内の馬を見てみると

(単回収33%、複回収103% 複勝率27.3%) 11頭

かなり信頼できる数字になってきます。

ここに将来性・スケールという要素を加えていきます。
馬体重440kg以上の馬で抽出をすると

(単回収52%、複回収162% 複勝率42.9%) 7頭

となります。

一定のスケールと、一定の実力があればオープンを使った
メリットが出てくるという事ですね。

一方、新馬戦の方を見てみます。

こちらは2戦目が重賞となるので、
今回の舞台で必要とされる条件を満たす舞台で走った馬の方が
好成績を出しています。

最初に見ていくのは、前走左回りという条件

(単回収109%、複回収112% 複勝率28.6%) 49頭

新潟は左回りなので、右回りよりも左回りを使った方が
当然成績が良くなります。

次に前走上がり1位という条件を加えると

(単回収100%、複回収165% 複勝率44.4%) 27頭

さらに成績が上がります。

このレースはスピード勝負になる傾向があるので
溜めの利くタイプ、瞬発力のあるタイプが有利
ですので
初戦でその能力を見せた馬はここでも好走率が上がります。

最後に前走から距離延長もしくは同距離の馬を見てみると

(単回収143%、複回収197% 複勝率52.6%) 19頭

となります。

前述した通り、スピード勝負になるので
新馬戦で1800m以上を使った馬はスピード負けしてしまう確率が上がります。

以上です。

これらを踏まえて予想をしていくと
的中の確率は上がっていくでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。