オークスと桜花賞、フローラステークス、忘れな草賞の関連性について

Pocket

今週のメインレースはオークス

3歳牝馬ナンバーワンを決める決定戦ですが
このオークスを予想するに当たって
桜花賞組、フローラステークス組、忘れな草賞組が
どのように馬券に絡んでいるのかを確認していきたいと思います。

まず、臨戦過程ごとの成績を見てみると

桜花賞(単回収110%、複回収93% 複勝率29.0%)62頭
忘れな草(単回収488%、複回収112% 複勝率22.2%)9頭
フローラS(単回収14%、複回収100% 複勝率26.9%)26頭

となっています。

ここで気にしなくてはいけないのは桜花賞組の率が抜けて高い訳ではないという点

メンバーレベルとしては抜けて高い桜花賞組ですが
800mの距離延長が想像以上に足枷になっていて
成績が伸びていないという事が分かります。

フローラステークス、忘れな草経由でも十分通用するレースという事が分かります。

ここで桜花賞組の特徴を見てみましょう。

まず馬体重460kg以上の馬という事で条件を絞ってみると

(単回収208%、複回収153% 複勝率45.5%)22頭

率としてはかなり数値が上がります。

来週の日本ダービーもそうなのですが、
未知の距離を走るスタミナが必要なレースなので
一定の馬格があった馬の方が適応出来るという事が分かります。

次に前走1~2番人気という条件を加えてみると

(単回収217%、複回収188% 複勝率75.0%)8頭

かなり信頼性のおける数字になります。

紛れの少ないコースなので、能力の高い馬は素直に信頼出来ます。

ちなみに上の2つの条件を抜きにして

前走1~3着という条件で絞ってみても

(単回収72%、複回収121% 複勝率46.2%)26頭

と数値はアップ、本質的には能力の高い馬を素直に評価するというレースです。

今度はフローラステークス組を見てみましょう。

こちらも前走3着以内という条件で絞ってみると

(単回収18%、複回収124% 複勝率33.3%)21頭

と数値が上がります。

ここに前走3番人気以内という条件も加えると

(単回収31%、複回収180% 複勝率50.0%)12頭

とこちらのレースも能力を素直に評価する方が得策といえます。

また、先行力のある馬がオークスで好走しており
前走4角6番手以内という条件を加えると

(単回収42%、複回収224% 複勝率55.6%)9頭

狙える存在になってきます。

忘れな草賞組はミッキークイーン、エリンコートが2勝
出走は9頭なので、傾向としては掴みづらいですが
ノーマークには出来ない成績を出していますね。

以上を参考に予想をして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。