ヘブンリーロマンスとアウォーディーの共通点とGIへの可能性

Pocket

今週の土曜重賞は平安ステークス

2年前から距離が100m延びてダート1900m戦となりました。

1800m戦と比較するとスタートに位置が下がる分
先行争いが緩くなり、脚を溜めるタイプの馬も活躍出来る舞台となります。

今回堂々の主役となるのは アウォーディー です。

前走のアンタレスステークスでは自分のペースで
先行したアスカノロマンを力でねじ伏せて勝利。

着差以上に能力の差を感じさせる競馬でした。

今回もアスカノロマン、ロワジャルダンといったGI上位成績馬が
出走してきますが、既に勝負付けは済んだといえるでしょう。

このアウォーディーの母親は ヘブンリーロマンス という馬です。

キャリアが長い人はもちろんご存じだと思いますが
天皇賞・秋を松永幹夫騎手(現アウォーディーの調教師)で勝利した馬です。

サンデーサイレンス産駒ながら、母父サドラーズウェルズのスタミナを背景に
長く良い脚を使うタイプの馬で、4歳の12月で初重賞をゲットして
5歳で天皇賞・秋を含む重賞2勝を勝った馬です。

このヘブンリーロマンスの成長力もアウォーディーも引き継いでいます。

ダート路線に出走する前の芝のレースでも
成績が上向いていたことからもその成長力は伺えます。

またヘブンリーロマンスはスタミナで勝負するタイプの馬でしたが
アウォーディーはその点も引き継いでいます。

底力が足りない馬の多いジャングルポケット産駒にあって
ヘブンリーロマンスの能力と血統は見事にマッチしているといえます。

今が完成期でGIも見えるところまでやってきました。

ここを通過点として羽ばたいて欲しいですね。

その他では、前述した アスカノロマン、ロワジャルダン

復活に賭ける クリノスターオー

地方重賞の雄 クリソライト

アウォーディーと兄弟の アムールブリエ

などが出走を予定しています。