差し馬の期待値が高そうな2016京王杯SC出走予定有力馬の評価

Pocket

今週の土曜日メインレースはG2京王杯スプリングカップ

安田記念へと続くトライアルレースで
昨年はヴァンセンヌが2着に入りました。

今年出走を予定している有力馬を1頭ずつ見ていき
馬券のヒントを探っていきましょう。

今回の主役となるのは サトノアラジン 

前走のダービー卿CTは苦手の条件ながら内を割って3着
今回は得意な東京で更なるパフォーマンス強化が期待出来ますし
安田記念に向けてそろそろ重賞の勲章が欲しい1戦。

仕上げの面も抜かりなく、今回最も信頼度の高い馬です。

実績で肩を並べるのは ロサギガンティア 

前走は決して得意の条件ではない阪神芝1400mを差しきり勝ち
前々走では同じ舞台で圧勝するなど、ここにきての地力強化は顕著

もともとフジキセキ産駒は東京芝1400mが得意なので
今回も安定したパフォーマンスを見せてくれる可能性は高い馬です。

潜在能力の高い ダッシングブレイズ 

もともとエンジンの掛かりが遅い馬で
前走は苦手の中山マイルに加えて、落馬明けという事で6着と敗れました。

今回は東京コースに替わり前進が期待出来ますが
例年のような前有利の流れになったときに差して届かずのパターンが想定されます。

潜在能力・破壊力は優れた物がありますが、
安定感という点では今回一歩劣る存在です。

昨年の勝ち馬 サクラゴスペル 

前走の高松宮記念は17着と良いところがありませんでしたが
本質的には力の要る馬場やスタミナ比べになるような勝負が得意なタイプで
スピード勝負となった前走はノーカウントで大丈夫です。

今回は得意な舞台に戻るので、ここは見直せます。

阪急杯2着の オメガヴェンデッタ

この馬は1400mに高い適性を見せる馬で
今回の舞台でも十分に戦えますが
本質的には平坦コースの方が高いパフォーマンスを見せる馬

若干の割引をしてもいいでしょう。

今回は以上の実績馬に加えて強力な上がり馬が出走します。

筆頭は3連勝中の エイシンスパルタン

ずっと1400mを走ってきた馬ですが前走で1200mに対応
着差を広げて勝っているあたりはまだまだ底があると言えます。

東京実績(勝ち星)もあり、先行力もある。
今回の条件はこの馬にとっても最適と言える条件で
実績馬全てをなぎ倒す可能性を秘めた馬で、期待が出来ます。

続いて4連勝中の アンタラジー 

全7戦走っていますが、全て圧倒的な1番人気で馬券圏内をキープ
前走は初の1400m戦となりましたが、着差を広げての完勝

エイシンスパルタン同様先行力も有り、能力の底は見えません。
ディープ産駒は短距離戦を苦手としていますが
この馬なら血統を超えて走ってくれるかもしれません。

最後に連勝中の ヴェステルキング

こちらはサクラバクシンオー産駒でパワーがあるタイプ
東京でのレースは初めてで、その点は不安要素となります。

差してくる競馬が多く、相手強化のここで好走するには
展開の助けが必要になりそうです。

これ以外にも

重賞の常連 サンライズメジャー
ダービー卿4着の ダイワリベラル 
NHKマイル馬の クラリティスカイ

などが出走を予定している豪華メンバーです。

馬券の肝は上がり馬の扱いと展開読みです。

今回上がり馬2頭が逃げに近い先行馬なので
この馬を巡って有力馬がどのタイミングで差してくるか

有力馬が牽制し合う展開になれば、
前にいった馬がそのまま押し切る事も考えられますし
有力馬が早めに前を潰しにいけば、差し馬決着という事も考えられます。

期待値の面で考えると差し馬に賭けた方が分は良さそうですが
果たして当日のオッズ分布がどうなっているのか

また1400m戦は枠順も大きく影響するので
その点も見逃せませんね。