NHKマイルカップとニュージーランドトロフィー、皐月賞の関連性について

Pocket

今週のメインレースはGI「NHKマイルカップ」

3歳マイル王決定戦ですが
年々レベルが下がっているのが気になるところ

ただ、今年はメジャーエンブレムの参戦で
にわかに盛り上がりを見せています。

果たしてメジャーエンブレムは前評判通り完勝するのか?

NHKマイルカップを好走している臨戦過程を確認する事で、
レースの傾向を見ていきましょう。

まず主なステップレースですが

ニュージーランドT(単回収222%、複回収107% 複勝率22.0%) 41頭
皐月賞(単回収32%、複回収45% 複勝率20.0%) 20頭
スプリングS(単回収0%、複回収151% 複勝率50.0%) 6頭
毎日杯(単回収86%、複回収62% 複勝率37.5%) 8頭

となっています。

ここでは出走頭数の多いニュージーランドトロフィーと
皐月賞について掘り下げていきたいと思います。

まず、ニュージーランドトロフィー経由の馬から調べていきます。

実力のある馬(前走4番人気以内)という条件で絞ると

(単回収314%、複回収130% 複勝率27.6%) 29頭

と数値が全てアップ

底力勝負になるコース形態なので、地力は重要ですね。

次に先行力(前走4角6番手以内)を条件にして絞ると

(単回収479%、複回収158% 複勝率36.8%) 19頭

とさらに確率が上がってきます。

差し馬が目立つ東京コースですが、競馬の原則は先行馬有利
先行力があるとさらに好走するという事が分かりますね。

次に皐月賞経由の馬を調べてみます。

こちらもある程度の地力は必要、という事で
前走1桁着順という条件で馬を絞ってみると

(単回収58%、複回収82% 複勝率36.4%) 11頭

数値が上がります。

さらに地力の証明である前走0.9秒差以内という条件を加えると

(単回収80%、複回収113% 複勝率50.0%) 8頭

と複勝回収率は100%超え

皐月賞をある程度好走した馬なら好勝負出来るという事が分かる
一方で、皐月賞からはレベルの高い馬は参戦していない事も分かりますね。

以上です。