スマートオーディン、ロイカバードは危険な人気馬?2016京都新聞杯有力馬評価

Pocket

今週の土曜日重賞はG2「京都新聞杯」

過去にはキズナが勝利したレースで
昨年もこの勝ったサトノラーゼンが2着に入っています。

年々重要度の増しているレースですが
今年出走を予定している馬を見ていきましょう。

人気は重賞2勝馬の スマートオーディン

共同通信杯こそ見せ場なく敗れましたが
前走の毎日杯では圧巻の末脚で勝利

その実力は既に実証済みです。

ただ、後方一手の馬で、今回展開が向くかどうかという点が焦点になります。
一本被りするようなら嫌って妙味があるでしょう。

血統・話題性では ロイカバード

サトノダイヤモンドには完敗して勝負づけは済んでしまいましたが
それを抜かして見れば、しっかりと走っています。

過去4戦は全て京都でのレース
ある程度前目で競馬が出来る点も魅力で
このメンバーなら見直しが出来ます。

ただ、この馬は人気先行型なので、期待値という点では微妙ですね。

堅実性がウリの ブラックスピネル

前走すみれステークスでは2200mを経験(2着)
中京・阪神・京都・中山と様々な競馬場を走り全て4着以内

どんな展開、どんな条件でも自分の力を出してくれるタイプです。

父タニノギムレットもこの舞台と相性がよく
GIでは足りないもののここなら十分に戦えるでしょう。

ドバイ帰りの ユウチェンジ

ドバイでは3着と好走しましたが、メンバーレベルは明らかに低くアテにはなりません。

また、この時期の海外遠征は当然負担となるので
今回は万全の状態で出てくる確率は低いと言えます。

ただ、地力面では朝日杯4着がある通り、
能力で劣るという事はないでしょう。

ブエナビスタを姉に持つ エルプシャフト

1戦1勝と通常で考えれば、難しい臨戦過程ですが
なにせ超良血馬という事で全てを覆す可能性を秘めています。

ですが、良血馬ゆえに常に人気が先行してしまうという点
馬格がなく(前走は438kg)スケール感に乏しい点
を考えると買いたくない存在ですね。

デビューして8戦、一度も馬券圏内を外していない ゼンノタジカラオ

破壊力に欠ける点はありますが、とにかく堅実な馬
母ダイヤモンドビコーという事で、まだ能力に奥がありそうですし
先行脚質をもう少し磨いていけば、もっと活躍できる馬です。

新馬戦でリオンディーズの2着だった ピースマインド

未勝利戦の勝ち方からも能力を秘めているのは間違いありませんが
ここのところ気性面が邪魔をして、まともに走れていません。

この気性が急に治る事が考えづらく、今回も苦戦必至でしょう。

前走人気を裏切った オーダードブリン

初戦はハートレーと互角の勝負を見せ、2戦目は圧勝
この内容を見る限り、前走の敗戦ではまだ見限れません。

ディープ産駒が不得意とする中山2200mから
得意とする京都2200mへ、巻き返しがあってもおかしくありません。

以上です。

という事で今回は良血馬が揃いました。

どの馬も一長一短で面白いレースになりそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。