天皇賞春で好走する馬、日経賞・阪神大賞典・大阪杯との関連性

Pocket

ここでは天皇賞春で好走する馬を探っていくため
日経賞、阪神大賞典、大阪杯をステップに出走してくる馬が
どのような成績を残しているのか?

また、どんな競馬をしてきた馬が天皇賞春で活躍しているのか
前哨戦と天皇賞春の関連性について話しています。

天皇賞春は春の長距離王決定戦です。

今年は例年になく、層の厚いメンツが集まっていますが
毎年どのような馬が馬券に絡んでいるのかを
臨戦過程別の成績から導いていきたいと思います。

主なステップレースですが

日経賞経由(単回収229%、複回収150% 複勝率32.1%) 28頭
阪神大賞典経由(単回収34%、複回収57% 複勝率18.2%) 33頭
大阪杯経由(単回収133%、複回収136% 複勝率43.8%) 16頭
京都記念経由(単回収196%、複回収293% 複勝率66.7%) 3頭

と、前走出走レースは3つのレースに集中していますので
この3レースについて好走傾向を探っていきましょう。

 

まずは日経賞から見てみましょう。

全体の率を見て貰うと分かるように、もともと率の高い日経賞ですが、
差してきた馬(前走4角6番手以下)に限ると

(単回収321%、複回収178% 複勝率35.0%) 20頭

と期待値がグッと上がります。

この条件から前走1着という条件を加えると

(単回収103%、複回収160% 複勝率66.7%) 6頭

とかなり率は跳ね上がります。
ただ、単複の回収率は低くなるので、旨味はないですね。

ちなみにこの6頭に対して阪神開催だった日経賞を除くと

(単回収124%、複回収192% 複勝率80.0%) 5頭

とかなり信頼出来る数値になります。

・結果を出している実力馬
・展開の向かない中を差してきた馬

は好走に繋がるという事が分かると思います。

 

次に阪神大賞典を見てみましょう。

こちらはかなり成績が悪いのですが
前走1着の馬に絞ってみると

(単回収115%、複回収101% 複勝率40.0%) 10頭

と単複回収率も100%超えをしてきます。

力のある馬なら通用しているという事が分かります。

この条件に前走4角2番手以内という追加条件をつけると

(単回収191%、複回収168% 複勝率66.7%) 6頭

と馬券として信頼出来る存在になります。

坂超えが2度ある阪神コースの3000mはタフでパワータイプが活躍する舞台

最終コーナーで前に出られる先行力及びまくる力がないと
京都コースでは後ろに置かれてしまい苦戦をするという事が分かります。

 

最後に大阪杯を見てみます。

こちらもそもそも相性のいいステップレースですが
最初に前走3着以内という条件で絞ってみると

(単回収214%、複回収198% 複勝率60.0%) 10頭

と信頼度・期待値はグッと上がります。

この条件に加えて、前走上がり3位以下という追加条件を加えると

(単回収338%、複回収278% 複勝率80.0%) 5頭

と大幅に数値がアップ

瞬発力を活かしたい馬は天皇賞では通用せず
先行して結果を出してきたような馬が
天皇賞春の舞台と相性がいいという事ですね。

この3つのデータを参考に予想をして下さい。

今週の重賞で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。