レーヴドスカーと青葉賞の歴史を考えるとレーヴァテインは切れない

Pocket

今週のメインレースはダービートライアルG2青葉賞です。

勝ち馬こそ出していないものの
日本ダービーと同じ舞台という事で
本番で2着になる馬を数多く輩出しており
注目度の高いレースとなっています。

今年は実績こそ見劣りますが、ここをステップに羽ばたきそうな馬達が出走します。

実績から人気になりそうなのは プロディガルサン

ディープインパクト×ストームキャットという黄金配合で
前走から距離が延びるのも歓迎

ただ、東スポ杯でスマートオーディンに完敗したように
まだ走りの面で、実力の証明は出来ていません。

距離が延びて更なる潜在能力を発揮するか
果てまたここで頭打ちとなるのか

適性の読み方で印の重さが変わってきそうです。

共同通信杯3着の メートルダール

重賞で連続して馬券圏内に入っているように弱い馬ではありません。

ゼンノロブロイ産駒は東京が得意ですが
過去の走りからは中山でのレースぶりの方がスムーズで
ここは改めて力が問われる一戦。

人気になるようだとリスクが高い馬ですね。

スプリングステークス2着の マイネルハニー

東京で圧勝しているように逃げがハマれば
再度の好走は可能でしょう。

逆に瞬発力勝負になってしまうと脆さを見せそうな気配があり
展開をどちらに取るかで買うか買わないかが決まる馬です。

野路菊S勝ちのある ロスカボス 

ここ3戦はパフォーマンスの低いレースを見せていますが、
母はマンハッタンカフェと同じ血統。

成長力を秘め、距離延長で素質が開花するという
パターンは十分に考えられ、魅力的な穴馬です。

ヴァンキッシュラン 

ディープインパクト産駒ですが、母父がガリレオという事で少し重さのある馬。
当日の馬場が時計のかかるようだとチャンスがありそうです。

その他にも、

2戦2勝の アルカサル

東京強いゼンノロブロイ産駒の レッドエルディスト

などが出走を予定していますが、

個人的に一番注目しているのは レーヴァテイン です。

2戦2勝の馬と言うことで、今回の相手と戦えるかは未知ですが
なんといっても母レーヴドスカーという点に魅力を感じます。

昨年青葉賞を勝ったレーヴミストラルも母親はレーヴドスカー
2009年に青葉賞を勝ったアプレザンレーヴも母親はレーヴドスカーという事で
青葉賞との関わりが強い繁殖牝馬です。

兄弟はこのほかにも阪神JF勝ちのレーヴディソール
阪神JF2着のレーヴダムール
菊花賞4着のレーヴドリアンがおり

広々としたゆったりと走れるコースに適性を見せています。

レーヴァテインの前走も今回の舞台と同じ東京2400m

上がり3F33.0秒の脚で差しきっており
この馬も同様の適性、そして兄弟と同等の能力を持っているため
相手強化となる1戦ですが、不安よりも期待が大きい馬。

今回はこの馬を中心に青葉賞を見ていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。