桜花賞を好走するチューリップ賞組とクイーンC組の特徴と傾向

Pocket

今週のメインレースはGI桜花賞

牝馬クラシック第一弾であり、牝馬には最も重要視されるレースです

今年はかなり実力差のはっきりしたメンバー構成ですが
具体的にどういった馬が活躍しているのか。

過去のレースから紐解いていきましょう。

まず、桜花賞の前走レース別成績を見てみると

チューリップ賞経由(単回収122%、複回収120% 複勝率41.7%) 36頭
フィリーズレビュー経由(単回収188%、複回収60% 複勝率8.7%) 23頭
クイーンC経由(単回収0%、複回収63% 複勝率27.3%) 11頭
フラワーカップ経由(単回収118%、複回収76% 複勝率27.3%) 11頭

と、チューリップ賞が圧倒的な成績を残している事が分かります。

逆にフィリーズレビューはトライアルとは思えないくらいひどい成績ですね。
(レジネッタが人気薄で勝ったので単勝回収率だけ100%を超えていますが)

最重要ステップであるチューリップ賞から好走の条件を絞っていきましょう。

最初に前走5番人気以内という条件で抽出をしてみると

(単回収163%、複回収140% 複勝率51.9%) 27頭

回収率・複勝率ともにアップしてきます。

実力のある馬、または実力があると認められている馬が
シンプルに力を発揮している事が分かります。

これを前提条件として3つ条件を絞っていきます。

一つ目は、前走5番人気以内+ディープ産駒

(単回収344%、複回収330% 複勝率85.7%) 7頭

問答無用の好走条件です。
とにかく桜花賞ではディープ産駒が走るという事ですね。

二つ目は、前走5番人気以内+前走2着以下

(単回収209%、複回収166% 複勝率50.0%) 20頭

チューリップ賞:緩いペース → 桜花賞:厳しいペース
となることが多く、チューリップ賞で負けた馬が
桜花賞で地力を見せて巻き返すというパターンは数多く見られます。

三つ目は、前走5番人気以内+前走重馬場

(単回収216%、複回収291% 複勝率66.7%) 6頭

チューリップ賞は地力を認められながらも馬場が悪く
力を発揮できなかった馬が馬場の良化した桜花賞で巻き返す。

こんなパターンですね。

この3つの条件は覚えておきたいところですね。

続いて、クイーンカップ経由の好走条件を見てみましょう。

11頭いる中で、前走1着の馬で抽出してみると

(単回収0%、複回収100% 複勝率42.9%) 7頭

となります。

2着以下の馬は1頭も馬券に絡んでいないのでこの条件は大前提ですね。

これに前走4角6番手以内という条件を加えてみると

(単回収0%、複回収140% 複勝率60.0%) 5頭

となります。

東京芝マイル戦は瞬発力タイプが活躍をする舞台ではないので
桜花賞では通用しづらいという事が分かります。

おまけで追加条件、当日6~8枠に入った馬を加えると

(単回収0%、複回収233% 複勝率100%) 3頭

外枠有利な桜花賞で、外に入った馬がそのまま力を発揮している事が分かります。

以上です。

今年はメジャーエンブレムがクイーンカップから直行で出走しますが
このデータがどこまで当てはまるのか?

その点は十分に考える必要がありますね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。