2016阪神大賞典を予想するのに絶対に知らなきゃいけないデータ

Pocket

今週の阪神重賞は「阪神大賞典」

天皇賞・春へ繋がる重賞なステップレースです。

昨年まではゴールドシップが3連覇と
超一級品の馬が好走していましたが
近年では長距離適性のある馬がこのレースを選んで出走する
というような傾向が見られ、主役不在で荒れるパターンも出てきました。

今年は果たしてどちらのパターンになるのか?

そんなレースを紐解く予想に役立つデータを挙げていきましょう。

ポイント1 ステップレースはダイヤモンドSか日経新春杯

過去10年の前走出走レースを見てみると

有馬記念経由(単回収26%、複回収82% 複勝率60.0%)
ダイヤモンドS経由(単回収170%、複回収93% 複勝率50.0%)
日経新春杯経由(単回収129%、複回収150% 複勝率50.0%)
京都記念経由(単回収23%、複回収36% 複勝率18.8%)
オープン特別(単回収0%、複回収40% 複勝率25.0%)
1600万条件(単回収0%、複回収80% 複勝率37.5%)

となっています。

有馬記念からの経由は好走率こそ高いものの
人気になる事が多いので期待は良くありません。

好走率と期待値のバランスが取れているのは
ダイヤモンドステークス組と日経新春杯組です。

ダイヤモンドSは今回よりも400m距離の長いレースなので
そのスタミナがそのまま生きる形

日経新春杯は京都記念と比べて直線で持久力勝負になりやすいレース
阪神芝3000mは瞬発力の必要がないコースなので
こちらの方がリンクしやすい形となっています。

ポイント2 無理な穴狙いは禁物

冒頭に主役不在で荒れるパターンがあるという話をしましたが
基本的には堅く収まる重賞です。

阪神大賞典の平均単複期待値を見てみると

平均単勝回収率 64円  平均複勝回収率 74円

とかなり低いです。

信頼出来る軸馬が存在するかという点と
出走頭数が何頭いるのかという点などを踏まえて考えて
堅いと判断した際には無理な穴狙いは避けたいですね。

それ以降のデータについて
もっと掘り下げたデータについては
無料のメールマガジンでお届けしています。

毎週土曜日曜の9時頃、予想に役立つデータをお届けしているので
重賞レース攻略したい方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック