阪神ジュベナイル組が強い?チューリップ賞予想に使えるデータ

Pocket

今週の阪神重賞はG3チューリップ賞

桜花賞と同条件で行われるトライアルレースだけに
結果に直結する最重要レースです。

このレースの特徴を確認した上で予想をしていきましょう。

ポイント1 阪神JFからの臨戦がメイン

過去10年の主な前走出走レースを見てみると

阪神JF経由(単回収105%、複回収127% 複勝率76.5%)

と前走で阪神JFに出走した馬が圧倒的な成績を残している。

同じ舞台で最高レベルのレースを経験した馬が
レベルを一つ下げたレースに出走すると言うことで
苦から楽への条件替わりで好走をするという仕組みになっている。

ポイント2 外枠天国

過去10年の枠順別成績を見てみると

1~3枠(複勝率18.1%)
4~8枠(複勝率42.8%)

と内枠が圧倒的に不利である。

加えて、7,8枠の成績を見てみると

7~8枠(複勝率52.3%)

と驚異的な成績を残しており、
「阪神マイルは外枠が有利」という定石を
さらにデフォルメした結果となっている。

それ以降のデータについて
もっと掘り下げたデータについては
無料のメールマガジンでお届けしています。

毎週土曜日曜の9時頃、予想に役立つデータをお届けしているので
重賞レース攻略したい方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック