前走ダートは有利?2016オーシャンステークス予想に使えるデータ

Pocket

今週の土曜日中山メインはオーシャンステークス

高松宮記念のトライアルでありながら
結果が直結しづらいレース

このレースを予想する上で特徴となる点を挙げていきましょう。

ポイント1 実績よりも勢い

過去10年の前走クラスを見てみると

GⅠ(単回収0%、複回収0% 複勝率0%)
GⅡ(単回収32%、複回収68% 複勝率38.5%)
GⅢ(単回収11%、複回収76% 複勝率17.5%)
オープン(単回収228%、複回収163% 複勝率38.1%)
1600万条件(単回収343%、複回収109% 複勝率30.0%)

とクラスが低い方が好成績

格よりも勢い。
重賞を使ってきた馬よりも、オープン特別・1600万条件を狙いたい

ポイント2 ダートからの転戦も通用

過去10年で7頭が前走ダートからの出走となっているが

ダートから芝(単回収50%、複回収290% 複勝率42.9%)

と好成績を収めている。

最も必要とされる要素はパワーであり
決してスピード比べとはならないレースである。

それ以降のデータについて
もっと掘り下げたデータについては
無料のメールマガジンでお届けしています。

毎週土曜日曜の9時頃、予想に役立つデータをお届けしているので
重賞レース攻略したい方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。