モーニンはダート界の歴代最強馬となる事は出来るのか

Pocket

先日行われたフェブラリーステークスは
2番人気の モーニン が圧勝

レコードタイムというおまけ付きでの勝利は
ダート界の新星誕生を印象づけました。

モーニンの持っている最大の武器は「スピード」です。

また父へニーヒューズが示すとおり
道中でためて、直線で脚を爆発させるというタイプではなく
最初からスピードを出して、最後までスピードを緩めない
というようなタイプのスピード馬なので
武蔵野ステークスのようなレースになった時に
どのようなパフォーマンスを見せていくのか

そこが今後の大きな焦点となります。

また東京大賞典や川崎記念のような2000m以上のレースで
どういったパフォーマンスを見せていくのか

この2つをクリア出来れば、ダート界歴代最強馬も見えてくるでしょう。

2着 ノンコノユメ は今回時計が速すぎました。

自分の力は発揮していますし、力は疑う余地がありませんが
追い込み馬の性が出てしまったと言える結果でしょう。

ちょっと勝ち運のない馬なのかもしれません。

3着には アスカノロマン が入りました。

今回は後方待機策でしたが、その策が見事にはまりました。
鞍上の好騎乗と言える部分はありますが
馬自身も力をつけていると言えます。

4着 ベストウォーリア も上手くレースを運べました。

今回は力負けと言ったところですが
自分の力は出し切っています。

久々の条件でも自分の走りが出来た点は
安定感が増したという事ですね。

5着 ロワジャルダン は惜しい内容でした。

前走に引き続き先行策をとり、直線に入ってからの手応えも良かったですが
時計が速すぎたことと、最初少しかかってしまった分が
2着争いに敗れた原因でしょう。

着実に地力が着いていますね。

3連覇のかかった コパノリッキー は仕方のない敗戦

GIという最高峰の舞台で、3年連続勝つ力を維持することは
並大抵のことではありません。

3連覇へ挑戦という段階でひとつ評価を落とすべきですね。

ホワイトフーガ は見せ場を作れませんでした。

時計のかかる地方の馬場から、今回の高速決着
対応するのは無理がありました。

今回は展開にも時計にも恵まれなかったですね。
まだ見限れない存在です。

今回はフェブラリーステークスの回顧をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。