2016フェブラリーステークス、データはノンコノユメ超危険だが…

Pocket

今週のメインレースは2016年のGI初戦

「フェブラリーステークス」

長らく実力馬が上位を独占する
硬直状態だったダート界ですが
昨年のチャンピオンズカップでノンコノユメ、サウンドトゥルーが上位に入り
世代交代の香りが漂ってくる中でのレースとなります。

今回も最も注目なのは ノンコノユメ です。

この馬はデータから言うとかなり危ない存在です。

極端な追い込み馬は成績が悪い
馬体重の軽い馬は成績が悪い
チャンピオンズカップからの休み明け

過去の好走馬に当てはめるとバッサリ切ってもいいくらいの馬です。

ただ、データ通りにいかないという根拠が1点あります。

それは

“チャンピオンズカップもデータ的にはバッサリ切れたという事”

中京ダート1800mでも

極端な追い込み馬は成績が悪い
馬体重の軽い馬は成績が悪い

というデータはありました。

しかし、結果は内を突いての好内容で2着。

この馬はデータでは図ることの出来ない規格外な馬であることは間違いありません。

今回のフェブラリーステークスはどんな展開になるかで
結果は変わってくるでしょうが、前残りの武蔵野ステークスを差した点からも
展開不問で差してくる存在である事は間違いないでしょう。

もう1頭の注目馬は コパノリッキー

現在このレース2連覇中で今年は3連覇がかかります。

しかし、近走の成績を見てみると人気で惨敗が続いています。

力は落ちたのではないか?
もう終わったのではないか?

という声が聞こえてくる同馬ですが
近2走は展開が向かなかったことも事実

逃げられなかった逃げ馬は脆いものなので
能力自体に見切りをつける必要はありません。

一方でGIで3連覇という偉業は滅多に達成出来る物ではありません。

最高峰のレベルを勝つ力を3年も保つことは難しいからです。

今回はコパノリッキーがどれくらいプレッシャーを受けるのか
という事が焦点となるでしょう。

そういった意味で人気の分布は大きな意味を持ちます。

GI10勝の ホッコータルマエ も出走しますが
今回はノンコノユメ、コパノリッキーの2頭に注目して
予想を展開していく予定です。

今回はフェブラリーステークスの話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック