ハートレー、スマートオーディンに不安要素はあるのか?【共同通信杯】

Pocket

今週の東京メインレースは「共同通信杯」

クラシックを狙う馬が出走する登竜門的な存在のレースで
昨年はドゥラメンテ、リアルスティールが出走しており
近年ではイスラボニータやゴールドシップも出走しています。

今回の注目は2頭、ハートレーとスマートオーディン

2頭とも強い内容で勝ち上がってきた馬ですが
今回、不安要素があるかどうかを考えてみたいと思います。

まずハートレーですが、ホープフルステークスでは
中団から抜け出しを図ったように機動力が武器の馬です。

その分、破壊力で見劣る点が弱点となります。

今回は距離短縮で1800m戦となりますが
流れに対応出来るかどうかが課題となります。

ある程度締まった流れで中団から抜け出す形が理想で
超スローペースからの瞬発力勝負となるような展開になると
抜けだしを食らう可能性が高くなります。

スマートオーディンは対照的に末脚の破壊力で勝負するタイプ

前走も最後方から全馬を飲み込んだように
ダノンシャンティ譲りの瞬発力が最大の武器です。

それゆえ、前が残るような展開であったり、
ハイペースからなし崩しに脚を使われる流れだと
不発は十分に考えられます。

枠順と展開をじっくりと考えたいですね。

連軸としての信頼感はハートレーの方が上ですね。

その他では京成杯3着の メートルダール

前走・前々走と同じような競馬なら今回は厳しいでしょう。
もう少し上手く立ち回れないと上では通用しないですね。

朝日杯で惨敗した イモータル

前走は武幸四郎騎手に乗り替わり、全く馬を制御出来ませんでした。
今回はもっとレベルの高い騎手に乗り替わる事が期待出来るので
パフォーマンスはグッと上がってくるでしょう。

先週までは内しか伸びない馬場でしたが
今回どのように傾向が変わってくるのかも重要な要素です。

枠順の確定と共にもう少し情報を得てから予想しましょう。

今回は共同通信杯の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック