きさらぎ賞と皐月賞・日本ダービーの関連性とサトノダイヤモンドについて

Pocket

先日行われた2016きさらぎ賞は

ここ最近、きさらぎ賞はクラシックに直結するレース
というような事が言われていますが
以前は「きさらぎ賞はクラシックとは関係のないレース」と言われていました。

皐月賞との関連性を考えてみると
コース適性は真逆に近いものがあります。

機動力とパワーが必要な皐月賞に対して
瞬発力とスピードが必要なきさらぎ賞

皐月賞を好走する要素はきさらぎ賞にはありません。

日本ダービーときさらぎ賞の関連性を考えてみると共通点はかなりあります。

双方共に瞬発力のある馬が優位であるという点
差し馬にも流れが向く、能力勝負になりやすい点

この点から、きさらぎ賞が皐月賞よりも日本ダービーとリンクすることが分かります。

過去にはスペシャルウィーク、ネオユニヴァースが勝ち
オークスでルージュバックが2着

それでも近年きさらぎ賞出走組が皐月賞でも好走しているのは
単純に関西の期待馬(実力馬)が出走しているからです。

そういった意味では見逃せないレースとなるのですが

今年勝った サトノダイヤモンド も適性云々ではなさそうです。

締まった流れを中団から飲み込んで完勝

重箱をつつくように「持ち時計が…」と言っている人がいましたが
勝ち方をみれば、そこは関係ない事がわかったはずです。

よく馬の能力を時計で計る人がいますが
レースは生もので馬場や流れによって時計などいくらでも変わります。

競馬をやっていればこれらは当たり前に分かることなので
時計の比較など全く意味をなさないことを理解しておく必要がありますね。

サトノダイヤモンドは相当な器です。

リオンディーズとも互角に戦える馬で
間違いなくクラシックの主役となる馬です。

2着 レプランシュ は展開に恵まれました。

今回のレースがスローの流れだったら届かなかったでしょう。

瞬発力のある末脚は武器ですが
上のクラスで活躍するなら、もう少し器用さが欲しいですね。

3着 ロイカバード は話題性が優先しての過剰人気

過去の勝ち方を見てもそこまでスケールを感じません。
今後、一線級と戦うのは厳しく、現状の力を見ると
重賞が1つ取れるか取れないかといったレベル

話題性や購入金額に目を曇らせてはいけません。

4着 ノガロ は展開に恵まれませんでした。

少頭数だったので、前に行った選択は間違いではありませんが
今回は思った以上に流れが速かったので最後踏ん張れませんでした。

2,3着の馬とは大きな力差はありません。

3番人気の ロワアブソリュー は当然の敗戦です。

前走は超スローペースに恵まれた事プラス
気性の難しさを露呈していたので
今回は壁に当たる可能性が非常に高い馬でした。

こういった馬は外さないといけませんね。

今回はきさらぎ賞の回顧をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。