東京新聞杯と安田記念の関連性とダッシングブレイズの落馬について

Pocket

先日行われた2016東京新聞杯はスマートレイアーの逃げ切り勝ちでした。

今回実施された東京新聞杯と安田記念は全く同じ条件ですが
結果としてはリンクしづらくなっています。

一つの原因と考えられるのが
この2つのレースの間に微妙な間隔があるという点

東京新聞杯でピークの仕上げに持ってきて出走させてしまうと
安田記念でピークに持ってくるのが難しいくらいの間隔なので
双方で好走というパターンが少ないといえます。

もう一つの原因は敷居の低い賞金別定戦であるという点

GIを勝つような馬や重賞を複数勝つような馬が出走した場合
かなりの斤量を背負わされます。

酷量で出走してダメージを残すような選択はしないのが通常なので
一級品の実力馬は敢えてここには出走してこないという背景があります。

2015年の勝ち馬ヴァンセンヌのように潜在能力のある馬が
勢いでここを勝ち、一休みして安田記念へのローテを組む。

というパターンが唯一東京新聞杯と安田記念がつながる形といえるでしょう。

スマートレイアー はGIからの格下げ戦
大外から追い込み一気という競馬しかできなかったこの馬を
逃げという戦法に切り替えた鞍上の好判断が光りました。

ただ、奇襲という形で今回勝利したので次走は厳しくなるでしょう。

2着 エキストラエンド は馬群に入って持ち味を発揮する馬

勝ち馬にはしてやられましたが、自分のパフォーマンスは
しっかりと出来ており、内容のある競馬でした。

今後も馬群を縫って上がってくるような展開なら買いたいですね。

4着 ダノンプラチナ はスタートの出遅れが響いた形

5分にスタートを出て、もう少しポジションを主張出来れば
結果は違っていたでしょう。

仕上げ途上の感もあり、内容は悲観する物ではなく
ここから徐々に状態を上げていくはずなので
もっと上の舞台で改めて見直したいですね。

1番人気 ダッシングブレイズ は痛恨の落馬

さっとレースを見てみると岩田騎手(エキストラエンド)に
寄られたように見えましたが、実際はスマートレイアーの内を狙って
自滅したような形でした。

この日の東京競馬場は内の馬ばかりが伸びる流れだったので
外目の枠から内に潜り込んだ戦略は間違いではありませんが
理想の位置からは1列後ろになってしまった感は否めません。

枠順の有利不利が影響しましたね。

浜中騎手の一日も早い回復を祈るばかりです。

トーセンスターダム は出遅れで競馬にならず

上がり最速を出しているように馬の能力が枯れている訳ではありませんが
気むずかしさを持っているのに加え、マイルは若干短いですね。

2000m前後のレースで活躍を期待しましょう。

3番人気 グランシルク は10着

前残りの展開だったので仕方ないといえば仕方ありませんが
もう少し脚質の自在性がないと重賞では厳しいですね。

本質的には中山向きの馬です。

今回は安田記念と東京新聞杯の関連性について話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック