2016きさらぎ賞予想に役立つ好走に必要な条件とは

Pocket

今週京都で行われる重賞は「2016きさらぎ賞」

このレースを攻略すべく、好走に必要なデータを紹介します。

ポイント1 大外枠は不利

過去10年の枠順別成績を見てみると

1~4枠(複勝率40.7%)
5~7枠(複勝率40.0%)
8枠(複勝率21.4%)

スタートしてから最初の直線までが長いので
基本的には枠順の有利不利はないコースですが
確実に外を回らされる8枠は成績が振るわないようです。

ポイント2 極端な追い込みからの臨戦は苦戦

過去10年の前走4角位置別成績を見てみると

1番手(単回収12%、複回収145% 複勝率50.0%)
2,3番手(単回収156%、複回収100% 複勝率41.7%)
10番手以下(単回収0%、複回収16% 複勝率12.5%)

となっており、極端な追い込みから出走した馬は苦戦をしています。

それ以降のデータについて
もっと掘り下げたデータについては
無料のメールマガジンでお届けしています。

毎週日曜日の9時頃、予想に役立つデータをお届けしているので
重賞レース攻略したい方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。